かんそうのほんだな

いぬやしき 3巻 奥浩哉 苦労しちゃだめなの?

いぬやしき 3巻 奥浩哉 苦労しちゃだめなの?

は、早かったなあ…

コミック一冊、読み飛ばすこと泣く読んでいってこんな早かったのはここ最近だととんと思い出せないくらい読み終わるの早かったわはー

壱郎さんがコミック半分くらいになってようやく登場という3巻です。

獅子神くんなんか出番表紙めくった一枚目だけだよ!

いぬやしき 3巻 いぬやしき 3巻

第3巻収録話
第18話 「普通の幸せ」
第19話 「強襲」
第20話 「俺のモノ」
第21話 「絶望」
第22話 「許せない」
第23話 「助ける」
第24話 「宣戦布告」
第25話 「お前はなんだ!?」
第26話 「神罰」

バイト先の同僚からのウケは悪いけど、付き合って1年にして幸せ満載な同棲生活を送っている悟・ふみのカップル。
結婚とかしても…いいんじゃないかなーって… うんうん。 夢が広がるね…

なんて幸せな光景がこのマンガで続くワケがなく。

裏社会の人間のとびきりマズそうな人にふみのの美貌が目をつけられ、速攻拉致。夜景の綺麗なビル行き。

超ファインプレーで自力で脱出したふみのでしたが、悟と部屋の隅でガタガタ震えていたら速攻で住所をつきとめられ、悟が絞殺されかけます。
そうかぁ…自分は大丈夫でも、親が騙されて電話で住所しゃべっちゃう可能性があるわけかぁ…

そこでようやく壱郎さん半裸で登場。 背中が開閉して中のロケットで空飛ぶからしかたないね。

獅子神くん曰く、アメリカ軍に勝てる科学力の塊ですから銃のなんかでは蚊が刺した程度にもならないと思うんですが、とびきりマズそうな人・鮫島をベアハッグしていたら、延髄辺りに数発撃たれて気絶してしまう壱郎さん。

ふみのは再度連れ去られ、悟は心臓停止状態。

殲滅能力だけでなく、重症も瞬時に治す機能まで搭載されている壱郎さんですが、すでに死んでる生物に対しては作動しないもよう。
しかし壱郎さんの懸命な心臓マッサージの甲斐もあって? 悟は蘇生。

あとは拉致られたふみのを助けるため、レーダーで鮫島の場所を突き止め壱郎が空を飛ぶ。

そこは裏社会トップの集会みたいな場面でしたが、かまわずのりこんだ壱郎さん。

とりあえずここではお偉いさんも集ってなんですしとばかりに玄関でタイマン勝負の壱郎さんと鮫島。

ついさっき銃が効かなかった非現実的な光景はとりあえず置いておいて、開始直後に銃を乱射する鮫島でしたが当然壱郎さんには効きません。今度は気絶もしません。

腰の入っていないパンチ2発で鮫島を倒した壱郎さんでしたが、場所が場所だけに下っ端の方たちから一斉射撃を受けます。

さすがに今度は気絶する壱郎さん。

というかこれでも気絶するのが不思議なんですが、気の弱さが原因でしょうかね?

いぬやしき 3
いぬやしき 3
奥浩哉(著)
Amazon いぬやしき 3詳細ページへ

しかしホームレス狩りのときと同様、勝手に壱郎さんの兵器が作動して、玄関にいた人たちだけでなく、その料亭にいる全ての裏社会の人間の両目と延髄をピンポイントにロックオンレーザーで撃ち殺してしまいました。
うわーレイストームみたいー。ロックオン数はあの機体の比じゃありませんでしたが。

というかとうとう壱郎さんも、無意識にしろ深層意識にしろ、人を殺してしまいましたよぉおおお!?ってところで次回です。


関連記事

è