かんそうのほんだな

僕のヒーローアカデミア 4巻 堀越耕平 「おまえの左側が醜い」

僕のヒーローアカデミア 4巻 堀越耕平 「おまえの左側が醜い」

「予選通過1位の緑谷出久くん!! 持ちP1000万」
2位とのP差が50000倍ということでA組からもB組からも真っ先に狙われる出久くんです。

ポイント数で狙われることもさることながら、出久くんがトップで活躍しているしていることからマブダチからも超えるべきライバル扱いされて、誰も騎馬戦組んでくれない。

早くも頂点に立つ者の孤独感。

僕のヒーローアカデミア 4巻 僕のヒーローアカデミア 4巻

第4巻収録話
第27話 「天下分け目の交渉時間」
第28話 「策策策」
第29話 「知られてない」
第30話 「騎馬戦決着」
第31話 「全てを持って生まれた男の子」
第32話 「笑え!ナンセンス界のプリンス」
第33話 「心操くんの事情」
第34話 「勝ち負け」
第35話 「奮え!チャレンジャー」

すんなり組んでくれた麗日、勝敗よりも自己アピールが主目的なサポート科・発目明と、なんだかんだ女の子二人と組めて幸先のいい騎馬作りの出久くん。

が、スピードの飯田くんがライバル目線で拒否。

「騎馬に足りない力を補えるのは君」と出久くんが声をかけたのは影を操る常闇くん。

全方位中距離防御もさることながら攻撃も参加できる剛の者。
騎馬戦でその働きは十二分に発揮されております。

轟・飯田・上鳴・八百万という反則のような騎馬相手に善戦してたものの、飯田の切り札・超高速移動のトルクオーバー「レシプロバースト」で瞬間的に1000万鉢巻を奪われ、出久くんも必死の「ワン・フォー・オール」で挽回しかけるもあと一歩及ばず。

どさくさに常闇の影が轟からP鉢巻を奪ってたことから、合計点数でなんとか上位4位以内にすべりこみ、決勝トーナメントには残れました。

必死に迫ってきた出久くんにオールマイトの片鱗をみた轟は騎馬戦後、「オールマイトの隠し子?」とするどい指摘。

仮にそうだとしても答え辛く、また通常質問もし辛い会話ですが、ではさきに自分が暗い身の上話でも…と言わんばかりに轟は自分のお話をしはじめます。

オールマイトが上にいるため万年No.2のヒーローであるエンデヴァー。その息子が轟くん。

エンデヴァーは自分が果たせなかった夢を息子に押し付けており、個性目当ての結婚で作られたのが轟くん。らしい。
「親父は母の親族を丸め込み…」とか言ってるので、カーチャン本人の意思はまったく関係なかった様子。

「生まれてくる子どもに罪は無い」

とか

「はじめは愛の無い結婚だったけど、一緒にいるとこういう生活も悪くないかなと思えるようになったんです」

とか、そういう少年ジャンプだから現実の尖った部分はまろやかに仕上げて見ましたという手加減あまり無し。
轟の顔のやけどは「おまえの左側が醜い」とカーチャンからお湯ぶっかけられたものというから、聞き耳立ててた爆豪くんもドン引きです。

なんだかんだ若さで押し切る爆豪くんなら大丈夫でしょうけど、私なら彼の前で火個性使うのやめとこかな?と激しく躊躇も厭わない所存の重さです。というか、重ぉい。
せっかくA組女子のチアが見れるとワクワクしてたのにどうしてくれるんでしょう。

救いは女子がチアのままでいてくれたことでしょうか。
さすが筋肉質なアメコミエッセンスを多分に含んだ作品だけあってあって肉の流れ、というか太ももの描き方が綺麗。太ももが麗らか。

決勝トーナメントは騎馬戦でのポイント上位4組から、4人一組の騎馬を解体しての16人によるタイマンワンデイトーナメント。

1回戦第一試合の出久くんの相手は普通科・心操人使。個性が「洗脳」。

返事しただけで瞬時に洗脳されるという、体力テストでは点数取りにくいけど強力個性。

それって悪い事し放題だよね!というもっともな周りの意見とは裏腹に、ヒーローに憧れてる実はウブな好青年。
個性が「洗脳」とか、言ったら警戒されるのにクラスメートに言っちゃっていることからも、心操くんの人の良さというか、下心の無さが滲み出ております。

引き継ぐ個性「ワン・フォー・オール」に込められた意志のようなものに助けられ、洗脳がとけた出久くんが背負い投げで勝利。

ほぼ順当に実力者が1回戦を勝ちあがっている中、八百万が頑張れていないのが意外というか。
相手が常闇だったのが悪かったのか、絵を見た感じもう全然歯が立たなくて完敗している感じ。
彼女の個性「創造」が、匙加減間違えると強力な神個性すぎて、ものすっごく抑えられている感じですなぁ

1回戦最後の試合は爆豪vs麗日。

爆豪くんはうっかり轟くんのクッソ重い家庭事情を立ち聞きしてしまい思わず素の顔になってましたが、観客の前ではいつもの元気なヒール顔に戻っています。若いのに見上げたプロ根性です。

対する麗日さんは騎馬戦で出久くん頼りだった自分を恥じ、決意を改めて勝利を掴む心構え。

僕のヒーローアカデミア 4
僕のヒーローアカデミア 4
堀越耕平(著)
Amazon 僕のヒーローアカデミア 4詳細ページへ

麗日さんはトップクラスの実力者である爆豪くんに勝てるかな? 勝てないかな? といったところで次回です。


関連記事

è