かんそうのほんだな

暗殺教室 15巻 松井優征 殺せんせーvs茅野カエデ

暗殺教室 15巻 松井優征 殺せんせーvs茅野カエデ

私の中学時代にこんなRomanticが止まらない思い出は無かった。

殺せんせーとの勝負に敗れた浅野學峯理事長のエピソードからはじまり、二学期末演劇発表会の話を挟んで、ずっと殺意を殺していたあの子の復讐劇へと進みます。

暗殺教室 15巻 暗殺教室 15巻

第15巻収録話
第125話 「完璧の時間」
第126話 「生かす時間」
第127話 「演劇の時間」
第128話 「嵐の時間」
第129話 「正体の時間」
第130話 「仇の時間」
第131話 「侵食の時間」
第132話 「殺し技の時間」
第133話 「告白の時間」

E組がある旧校舎は、むかし浅野學峯が新任教師のように取れたてぴちぴちしていた頃営んでた私塾「椚ヶ丘学習塾」でした。

若い頃からすでに完璧超人ぶりを発揮していた學峯でしたが、レッキングクルーで壁を破壊して高い所から落ちてきたナスビ仮面が両脇のドラム缶に閉じ込められていったりきたりするだけのステージをデザインしてほくそ笑むタイプの現在の學峯ではなく、自身の長所と他人の長所を理解できる思いやりのある生徒を育てるのがモットーの綺麗な先生でした。

3人の第一期生との仲は良好。

笑顔で生徒達を志望の中学へ送ることができた學峯でしたが、その生徒の中の1人が3年後にイジメを苦に自殺。

この事がきっかけで學峯は「思いやりのある良い生徒」から「いざとなれば他人を生贄にしても自分だけは生き残れる強い生徒」を育成する方向に考えがシフト。現在に至ります。

殺せんせーとの生死を賭けた勝負に負けた學峯は、自らが準備した手榴弾でいさぎよく自害を選択しますが殺せんせーに助けられ、敗北宣言はしないもののE組存続ということで和解。vs學峯終了。

二学期末の演劇発表会のお話は、一瞬だけ渚くん主役の「阿部定事件」になりかけましたが殺せんせー主役?の「桃太郎」になりました。っていうか「阿部定」て。

秋山・清原・バークレオでAKBネタからさらに時代がブッ飛びました。昭和11年の猟奇的殺人事件て。
ウチのトーチャンとカーチャンが出会ってキスもしてねぇ時代です。ていうか生まれてもいねぇ。
中学生が出しものにそうそう思いつくネタじゃねえ。
あと阿部定さんが自分の男性自身切ってねー たしかにずっと持ってたらしいですけど。

E組の演劇は全校生徒に絶賛大不評に終わり、その様子を憑きものの取れた笑顔で見ている學峯理事長。
次に起こるであろう出来事を予測して表情を曇らせたりしておられました。

次なる暗殺者は茅野カエデ。ソロデビュー。

茅野カエデは仮の名前で、本名・雪村あかり。E組の前の担任・雪村あぐりの妹。

雪村あかりは芸名・磨瀬榛名として天才子役をやっていた経歴があり、イトナが言うにはメンテ無しで生やすと脳みその中で棘だらけの虫がずっと暴れている気分になるという触手をつけていたにもかかわらず、今までまったく表情にださずに学校生活を過ごしてきた演技派。

作者コメントにありましたが、ずーっと前からたまに茅野の首から触手をチラチラさせてたんだって!

実際これまで有刺鉄線で脳ミソをギリギリに締め付けられるような激痛があったようですが、それもこれも姉・あぐりが勤めていた研究所を爆発し、あぐりを殺した犯人と思われる触手の化物=殺せんせーへの復讐心で耐えぬけていたとか。

イトナよりも攻撃力が高く、炎を纏う触手を使って殺せんせーと勝負。

触手を温存していたからこそ触手の負担に耐えてこれたところもあったらしく、目の前の殺せんせーを殺す為に銀河ギリギリ!!ぶっちぎりの凄い奴になっている今の茅野は触手の精神汚染が加速しており、良い子が読む週刊少年ジャンプにでてくる女子中学生がやっちゃいけないような顔に。ジャンプSQかな?

炎を纏って飛んでくる大多数の殺意の中に、助けを求める茅野の消え去りそうな声が聞こえている殺せんせーは、自分の急所をあえて刺させ、「触手の殺意」がゆるんだ瞬間にE組の誰かが「茅野さんの殺意」を一瞬忘れさせる作戦を発案。

「触手の殺意」と「茅野さんの殺意」を弱めれば触手と茅野の結合が離れて、最小限のダメージで触手がひっこ抜けるかもしれないという話。

作戦の決行は30秒後。

E組は「痛いのが気持ちイイ」などと意味不明な供述をしている女子中学生の殺意を紛らわせる一発芸を30秒で考えなくてはならないことに。

三村のエアギターはむしろ殺意が沸くので却下。

頭を悩ませる一同のなか、渚くんはビッチ先生の顔でピーンと殺しのテクニックを閃いた!

殺せんせーの捨て身の行動で一時身動きがとれなくなっている茅野に近づいた渚くんは、良い子が読む週刊少年ジャンプにでてくる中学生同士がやっちゃいけないような友達のエリアからはみだしたヤツを茅野の唇にLove me do。略してディープキス。瞳はあえて閉じない真剣な眼差しが旨さの秘訣。

テクニックはE組中中の上あたりらしいですが、茅野のウサギさんを渚くんの毒蛇はぎっちりバインドして離しません。ウサギと毒蛇の絵が妙に気合入ってます。
多分一番動物の絵が上手いアシスタントにこのカットを任せたんでしょう。
その思い切った采配って、人の心を毎週掴んでいかなければいけない週刊連載マンガ家にとってとても大切なことだと思います。

ちなみに実戦で大成功を収めた渚くんを抜かすと、キスのテクニックTOPは矢田桃花さんらしい。おめでとう御座います。

6HIT目ですでに茅野の殺意が弱まっている感じでしたが、キスの時でも瞳を閉じないスタンスの渚くんはそのまま続行。

触手の激痛に1年近く耐えていた茅野でしたが、渚くんに15HIT Critical喰らってとうとうダウン。Criticalってなんだ?

その瞬間に殺せんせーが茅野の触手を全部抜き取ってvs茅野終了。

この戦いで大きなダメージを負った殺せんせーの前にシロが素顔をさらして現れますが、今回は顔見せだけで即退場。

そしてE組全員が揃った所で過去の話をする約束だった殺せんせー。

茅野の姉でE組の前の担任・雪村あぐりの死亡した現場にいた件も含めお話が始まる様子。

暗殺教室 15
暗殺教室 15
松井優征 (著)
Amazon 暗殺教室 15詳細ページへ

自分が2年前まで「死神」と呼ばれた殺し屋だったこと。

放っておいても来年の3月に殺せんせーは死ぬこと。

と二つの爆弾発言を先に済ませて次回です。


関連記事

一番くじ 暗殺教室~運試しの時間~ G賞 ラバーキーホルダー リツ 単品

一番くじ 暗殺教室~運試しの時間~ G賞 ラバーキーホルダー リツ 単品詳細ページへ
暗殺教室 スクイーズ (真顔)

暗殺教室 スクイーズ (真顔)詳細ページへ
暗殺教室 キャッピー vol.1 ノーマル

暗殺教室 キャッピー vol.1 ノーマル詳細ページへ
è