かんそうのほんだな

極黒のブリュンヒルデ 14巻 岡本倫 もう誰にも止められない

極黒のブリュンヒルデ 14巻 岡本倫 もう誰にも止められない

ドタバタラブコメディーだったり美少女の顔面がツブされたりと、相変わらず読んでて表情の作りに困る本作です。

無か? 無の心で読むべきなのか?

極黒のブリュンヒルデ 14巻 極黒のブリュンヒルデ 14巻

第14巻収録話
第9章 「愛はさだめ、」続き
第10章 「百年の胎動」

村上くんだってブラブラさせてるんだもん。

しかも高校生っつったら身体の主導権が下半身にある時期というか、脳が下半身にあって「お母さんお母さん!ボクの下半身が仕方が無い事になってる!」と騒ぐ、仕方が無い時期ですもん。

つい冒険心に胸が膨んで、胸以外の一部地域が膨らむ事もありますわなぁ。タイミングが悪かっただけで。

というわけで何も知らない寧子といっしょにうっかり今ならリニューアルオープン記念でフリータイム半額キャンペーン中のホテルに入って、女の子に泣かれて別々にホテルを出る。という伝説上でしか聞いた事内ことをしでかしてしまった男・村上。

それを偶然見てしまったデート中の初菜と高屋。

「ほぉ……あいつもなかなかやるじゃねぇか おれたちも負けてられるか!! 行くぞ!!」

お目にはかかるけど中々言う機会が無い台詞で盛る高屋でしたが、初菜は全力拒否。

さすがに前の巻であれだけ高屋の身をはった告白があって、それを初菜が受けたワケですから、初菜の気持ちはなんだかんだ高屋に移行しているものだと思っていましたが、ラブホテルからでてきた村上くんをみて、あとから涙でるくらい初菜もショック受けてたのがけっこう意外。へーそうなんだ。

あとから涙が出るくらいショックだったんで、風邪で寝込んでいたカズミに追撃するように報告してカズミがマッハで行方不明に。

さらに追い打ちで、山の中で行方不明中のカズミがイジェクト死している予知が見えてしまった佳奈。

カズミをこれからイジェクトしようとしている人物。
それは、口封じで頭撃たれたにもかかわらず奇跡のカムバックをはたした元ヴィンガルフの黒服。

黒服はヴィンガルフから用無し処分を受けたものの、彼を慕っていた?魔女達の仇討ちのためカズミたちを殺す所存。

カズミ救出のため、たしかな実績がある背後からの首ひと突き強襲攻撃をしかける佳奈でしたが、魔女殺しには慣れている黒服のヘッドバットを顔面に喰らって美少女アニメじゃやっちゃいけないような顔面ダメージ。

続いて初菜が黒服の全力投球を喰らって頭部半壊と、ついさっき間まで意識不明の寝たきりとは思えない黒服の大活躍っぷり。

黒服はカズミたちの協力者・村上くんの情報を聞き出そうとするも、何度も命を救われた村上くんの情報をしゃべるくらいなら意味のある死を選ぶと全員拒否。

ならばひとりずつイジェクトしようとする黒服の背後にまさかの高屋登場! なぜここに!?

「ストーカーをなめんじゃねぇ!!」

なめてない。心の底から本当に気持ち悪い。と初菜からありがたいコメントを頂いたところで、黒服vs高屋のバトル開始。

病み上がりとはいえヴィンガルフ時代は多分すごい戦闘訓練も受けているし、今でも頭蓋骨を貫通する投石もできる黒服ですが、高屋も孵卵して初菜に思いっ切り咀嚼されながら告白した剛の者。

お互い一度死に目にあってる分、命をかけた勝負は手に汗握る迫力…の前に、佳奈からうばったナイフを寧子に破壊され、体力も切れて黒服ダウン。

村上くんが駆けつけた頃には捕縛状態の黒服でしたが、縄から自力で脱出し、佳奈を人質にとって再度リターンマッチ。
それほどまでに寧子たちにやぶれた魔女達の仇が討ちたかったとは、お前もまさしく宿敵(とも)だった。

…が、その魔女のひとりである村上くんの中の奈波が、村上くんの口伝いに黒服を止めに入ります。

村上くん以外姿も声も認識できない奈波の存在など信じるはずもない一同。

黒服が問う3つの質問に対して答えられなければ佳奈がイジェクトされるというスペシャルクイズで、黒服の初恋の人どころか、初恋の人に対してうっかりおこなった墓まで持って行きたい黒歴史まで言い当ててしまいクイズは一問目で番組終了。

村上くんの口から奈波の言葉で、自分がイジェクトされたことを恨んでいない事と、村上くんたちの命を狙う事はしないでと言われ、了承。

九所長がすでに死んだ事も新たに聞かされ、ヴィンガルフに肩入れする根拠が大きく欠損してしまった黒服は、美樹の誘いでヘクセンヤクト入り?

血なまぐさい展開を挟んだんで影薄くなってましたが、今回十分にハートブレイクしているカズミ。

村上くんは嘘をつけず、(本番無しだったけど)寧子とのデートは楽しかったと言い、それを聞いたカズミがじゃあ村上くんのことはすっきりきっぱり諦めるわーと立ち去りながらバレないように爆泣き。後、村上くんにキスされて全部OK!みたいな。

この巻、ちょっとだけお見せする第10章「百年の胎動」。

ヴィンガルフでは真子以上のヴァルキュリア・ポニーがかわいいフリストが、小野寺によって着々と躾られてる真っ最中。

イニシャライザーの男の子…男の子!? 
とにかくそのイニシャライザーの男の子がフリストを研究所から逃がすために自殺し、フリスト恩に報いるべく魔力をぶっ放そうとしましたがドラシルが生き埋めになっている壁だったので魔法が使えず、イニシャライザーがいようがいまいがどのみち小野寺の躾からは逃げられなかったという。

ところ変わって段々しっぽがでてきた村上くんの叔父・柱谷小五郎。

村上くんから渡された宇宙人の受精卵の培養を知人の男性に任せてたところ、人類史上最大の発見と知人が大はしゃぎ。

世間に公表してニュートンやアインシュタインと名を連ねる教科書の人になる。

「もう誰にも止められない」

と知人がひとり盛り上がってたところで小五郎に射殺され野犬のエサ。うわぉ、いつかの魔法少女アニメみたい。

極黒のブリュンヒルデ 14
極黒のブリュンヒルデ 14
岡本倫(著)
Amazon 極黒のブリュンヒルデ 14詳細ページへ

小五郎は「約束のために人類の進歩を棒に振るほど甘い男ではない」と、村上くんたちとは道を違える意思をチラ見させたところで次回です。


関連記事

「極黒のブリュンヒルデ」Blu-ray BOX I

「極黒のブリュンヒルデ」Blu-ray BOX I詳細ページへ
極黒のブリュンヒルデ Blu-ray BOX II

極黒のブリュンヒルデ Blu-ray BOX II詳細ページへ
「カズミと小鳥のいちばん星み~つけた! 」ラジオCD Vol.1

「カズミと小鳥のいちばん星み~つけた! 」ラジオCD Vol.1詳細ページへ
è