かんそうのほんだな

僕だけがいない街 3巻 三部けい 逮捕

僕だけがいない街 3巻 三部けい 逮捕

大事にいったつもりだったけど失敗しちゃったよケンヤくん…

29歳という、まさに真っ盛りの頭脳を持ってしても雛月加代を救う事ができませんでした。なにが真っ盛りかはこの際なんでうやむやにするとして。

しかし悟にはまだ、幾多の不幸を無かった事にしてきた「リバイバル」がある!

1~2巻はまんまと真犯人の手の平でしたが、およそ後ろ向きなタイトルに似合わない悟の前向きな逆襲がこの3巻で真犯人を追い詰めると考えた時期が俺にもありました。

僕だけがいない街 3巻 僕だけがいない街 3巻

第3巻収録話
第13話 「ホワイトアウト 1988.03」
第14話 「四面楚歌 2006.05」
第15話 「信じたい 2006.05」
第16話 「母親 2006.05」
第17話 「僅かな手がかり 2006.05」
第18話 「別れの時 1988.03」

「リバイバル」で18年前まで飛んだ結果、二度も加代ちゃんの死に涙する事になってしまった悟。

何がマズかったのか?

まあその、いくら頭脳が29歳でも、協力者もなく、小学生ができる範囲で慎ましく行動してたからそりゃあキビしかったかもしれません。
相手は殺人後すぐ別の容疑者を作って自分の安全ルートを確保する相当キレたヤツらしいし。

カーチャンかケンヤくんなら… カーチャンかケンヤくんならあるいは、10歳の女の子にオセロで負けたりしたけど自分がメジャー誌漫画家希望の29歳であることを話しても信じてくれたのではなかろうか。

カーチャンは我が子思いで物わかり良さそうで、80年代日本で流行したランバダ余裕で踊れそうでも34歳の立派な大人なんで、自称29歳が語る「リバイバル」の話とかちょっとキッツイかもしれませんが、ケンヤくんは小学生なんでワリとノリよく協力してくれそう。「マジかよスゲー!」で信じてくれそう。

次回は大事にいきたいですね。行けるのなら。

18年前という今まで無かった時間跳躍してしまった悟。

これまでの「リバイバル」だったら巻き戻った時間から再スタートしていましたが、今回はそこから18年後、つまり元いた時間に一足飛び。
1988年から2006年までの名作を先取りして大漫画家になるということはできませんでした。

戻ってきた悟は母親殺しの容疑者としてスタート。

ついさっき刺殺された母親の若い頃の愛情をたっぷり受けて、また即亡くなった現実と向き合わなくてはならない哀しみ。

しかも自分が殺人事件の犯人にされ、泣けばいいのか、それともむせび泣けばいいのかといった状況。

そんなチェックメイトぎみの悟の救いの手が、2巻でいきなり出番が無かった愛梨、そしてバイト先の店長・高橋でした。高橋はすぐ裏切りました。

愛梨さんちは、父親は離婚で家をでていった母子家庭。
父が去って行った哀しみから、人を信じることを信念としている愛梨は悟を速やかに自室に保護。

しかし真犯人と思われる者によって家を放火されるという事件発生。愛梨が通学のために部屋を借りてた母親の兄夫婦の家なのに…

悟は火事の中で愛梨を救出しようとするも共倒れになりかけ、なぜか家に入ってきていた店長・高橋に気絶している愛梨をたくし、また人の目から脱出。

なぜ高橋がタイミング良く愛梨の家に入ってきたかは分かりませんが… あまりにあんまりなんでこの人が真犯人じゃなさそう。愛梨のパンチで易々と吹っ飛ぶような男だし。

この放火事件は、悟が母殺しの協力者である愛梨を口封じに殺そうとした?という扱いになっちゃって、悟の社会的立場は倍率ドンさらに倍で底無しに悪くなってしまいました。

ただし真犯人の狙いは別にあって、悟と愛梨を会わすのはマズいと考えたから実行されたものだったのでは?という推理が、佐知子の元テレビ局の同僚・澤田と悟との間で発生。

警察の監視付きで入院中の愛梨に悟に変わって赴く澤田でしたが、ベッドに横になっていたのは愛梨とすり替わってた愛梨の母。

愛梨は悟に会うため、母親の協力で病院から抜け出すことに成功。…してませんでした。
警察からしっかりあとをつけられていました。

悟と澤田の熟年男性二人でひねり出した推理を愛梨はひとりで導き出していたようで、自分が「真犯人に会っているかも」と悟に連絡。

高架下でおちあった悟と愛梨。

「西園って人が怪しいと思う」

これが真犯人が悟と愛梨を会わせたくなかった情報なのか! いや、登場時いきなり怪しかったけど…
し、しかしもう犯人分かっちゃった?

西園は高橋がピザ屋店内事務所で会話していた男。高橋が「先生」とか言ってたから大物政治家かなにかでしょうか。これは相手が悪そう。

僕だけがいない街 3
僕だけがいない街 3
三部けい(著)
Amazon 僕だけがいない街 3詳細ページへ

真犯人の目星がついたところで気が緩んでしまったのか今まで溜まっていた後悔の念を漏らしたり、加代ちゃんのときにも披露した「思っている事を口にする」という得意技で愛梨とノロケたりする悟でしたが、そんなことしてるから愛梨をつけていた警察に発見、即逮捕されてしまいました。

2006年5月29日16時50分 放火殺人未遂及び殺人容疑により藤沼悟 逮捕。

多数の警察官に囲まれながら連行されているなか、警察の影にかくれて光る怪しい目線に胸の鼓動高鳴る悟。といったところで次回です。


関連記事

è