かんそうのほんだな

ドラゴンボール 24巻 鳥山明 わたしの戦闘力は530000です

ドラゴンボール 24巻 鳥山明 わたしの戦闘力は530000です

有名なフリーザの戦闘力公表やら、ギニュー隊長のお出ましやら、ボディチェンジで悟空が角付きやらと、見所盛り沢山の24巻です。

ここで24巻なんですよね。なんか改めて読み返すと40巻くらい読んだような感触がありますわん。

ドラゴンボール 24巻 ドラゴンボール 24巻

第24巻収録話
第277話 「笑うフリーザ」
第278話 「孫悟飯 死す!?」
第279話 「不思議な孫悟空」
第280話 「超サイヤ人!?」
第281話 「対決!! ジースとバータ」
第282話 「ベジータの複雑な心」
第283話 「ギニュー隊長のおでまし!!」
第284話 「ギニュー隊長のプライド」
第285話 「危うし 最長老たち」
第286話 「ナメック星の戦士 ネイル」
第287話 「ボディチェンジ」
第288話 「悟空か!? ギニューか!?」

ベジータすらも赤子扱いのギニュー特戦隊のひとり・リクーム。

同じくらいのヤツがあと2人も後ろに控えていて、クリリンたちはお手上げもいいところ。
「ドラゴンボールZⅡ 激神フリーザ!!」だったらドラゴンボールを渡したあとは1体ずつゆっくり闘えたんですがねー

まあ、悟空がナメック星に降り立った事でズバッと逆転。ズバッと解決。

悟空は仙豆で回復したクリリンの頭に手を乗せると、これまでナメック星で起こった経緯をOK把握。

ク「なんでそんなことがわかるんだよ!!」
悟「さあ… なんとなくこうしたらわかるような気がしたんだ」

ま…まあ、悟空ほどの実力者がそういうのなら…

地球で闘ったときとまるで強さが変わっている悟空にベジータはワナワナ続き。

ベジータが戦闘力100上がるのと、悟空が戦闘力100上がるのとでは重要度が違いますからなぁ。ズルいぜ界王拳!

このあたりで「超サイヤ人」という言葉がチラリズム。

「超サイヤ人は 一千年にひとりあらわれる どんな天才戦士も超えられない壁を超えてしまうサイヤ人」

という話はまったく覚えてませんでしたなあ。

ギニュー特戦隊のリクームとバータを懲らしめ、ジースを見逃してあげた悟空。
そしてその動けなくなっているリクームとバータにきっちりトドメを刺すベジータ。

積極的な殺しを良しとはしないためこういうときに動かしにくい悟空たちに変わって、今後お話に不要なキャラクター達をしっかり片づけていくベジータの職人芸がここでも炸裂。

ベジータのエネルギー波で消滅したリクームでしたが、アニメだとピッコロすわんが上空通るときになぜか残っていたりしてたんですよねー。もちろんぷりっと綺麗なおしり丸出しで。

一方フリーザは、せっかくギニュー隊長に7つのドラゴンボールを持って来てもらいましたが神龍の存在を知らず、願いのかなえ方を聞き出しに御大自ら最長老の場所へひとっ飛び。

フリーザの接近に気づいた最長老は、デンデには地球人の手助けの任を、そしてネイルにはあのフリーザ相手に時間稼ぎの任という無茶ぶり任務をお授けになりました。

ちょっとは遠慮して迂回すればいいのに、あえてフリーザとすれ違うように飛んでいくデンデの勇姿が見られるのはココ。

フリーザは寛大な心でナマイキにガン飛ばしてきたデンデを見逃してくださいましたが、惑星ベジータを爆散したときのカカロットの時といい、この時のデンデの時といい、この溢れんばかりの余裕がのちにこの星で一気にツケとなって返ってくるとは夢にも思わなかったでしょうなぁ

まあその、今までずっと自分の周りの方々が文字通りケタひとつ弱い方ばかりだったんで、余裕ぶらない方が難しいですけど。そりゃあ4ヶ月程度のトレーニングも行わないわけですわ。

フリーザを食い止める無茶ぶりを仰せつかったネイルの戦闘力は42000。

ギニューが悟空を60000以上と見立ててた時にジースが大層慌てていたので、ネイルが最長老の元に引き返さなかったらリクームくらいとなら良い勝負できたのかな?といった数字です。

そしてフリーザの戦闘力は530000。

前の回で悟空が界王拳で180000の数字をだし、ギニューと読者にインパクト与えてからのこの発表。

数字での驚かし方に匠の業を感じるシーンです。

少なくとも20000超えのベジータを赤子扱いにしたリクームと同等くらいと思われるジースが、60000の数字で慌てていたのです。

42000と530000ではうずらの卵で卓球するようなものじゃあありませんか。そっとプレイしても割れそう。

手心を加えるのが難しいレベルの差ですが、よくネイルを殺さずにあれだけの時間を過ごせたものです。

ギニュー特戦隊相手に圧倒的チカラを見せつけたけど、翌週のジャンプでそれでもまったくフリーザには通用しない事が読者に発覚した悟空。

ギニューの必殺技「ボディチェンジ」により身体を強制的に交換させられ状況がまた一転。

ドラゴンボール 24
ドラゴンボール 24
鳥山明 (著)
Amazon ドラゴンボール 24詳細ページへ

120000から180000以上のボディになって上機嫌のギニューでしたが、悟空ボディの戦闘力のコントロールが上手くいかず、「ぬおおおおお……!!!!!」と、なんか気を高める風なことやってみせるも23000。

即クリリンに後頭部ど突かれ、歯茎だして悔しがるギニュー。

ギニューはたまらずジースを参戦させようとするも、ジースの背後には悟空とのタッグマッチをスーパードタキャンしたベジータがどの面下げて現れて。といったところで次回です。


関連記事

è