かんそうのほんだな

いぬやしき 5巻 奥浩哉 おいていかないで

いぬやしき 5巻 奥浩哉 おいていかないで

今回壱郎さん3コマしか登場してない!

獅子神くんが徐々に人間社会にいられなくなる風景一色です。

でもその人間社会を凌駕する科学の塊である獅子神くんなので、そっとしておきましょう。

いぬやしき 5巻 いぬやしき 5巻

第5巻収録話
第36話 「しおん」
第37話 「慟哭」
第38話 「全員殺す」
第39話 「制裁」
第40話 「3は生きてるか?」
第41話 「人間に見える?」
第42話 「おいてかないで」
第43話 「拡散お願いします」
第44話 「穏やかな日」

と、世間がなるハズもなく。

数々の殺人が警察にバレた獅子神くんは、クラスメートのしおんの家に匿ってもらっているカタチに。

しおんの家は両親が早くからガンで亡くなっており、祖母と2人暮らし。

テレビもネットも獅子神くんのニュースでもちきりですが、祖母がテレビもネットもやらない人なのでなんとかバレずにすんでました。

機械の身体になるまえに死の宣告を受けてた壱郎さんと違い、高校生というこれからって時期に人間の身でなくなっていることからか、人を殺していくことで自分が人として生きている実感を得るようになってた獅子神くん。

母のために涙を流せるのだから、親孝行に生きている実感を感じていれば…

獅子神の多少のストッパーになっていた母親ですが、自分の息子が殺人事件の犯人であることを知り、ほどなく自殺。

母というストッパーが外れてしまった獅子神くんは、生きてる実感のためでなく恨みで動くターミネーターになってしまいました。

まずは母と離婚した父のところにいたマスコミを全員殺害。

次に大型掲示板で自分の母のスレッドに書き込みした人間全員の居場所を逆探知で調べ上げ殺害。

殺されながらも送信ボタンクリックまでやった522のガッツ。

歯止めが無くなった獅子神くんはロボットだからマシンだからダダッダーのノリでディスプレイから狙撃してましたけど、一体どういう科学で…

ガンの治療とかもできるし、ディスプレイごしに人間の記憶を改竄し、殺人鬼だけど堂々と白日の下ですごすこととかできそうなんですけど、それは無理なんですかね?

獅子神くんの母が自殺してしまったことで様子が変わった獅子神くんを案じるしおん。

今の獅子神くんはノンストップなので、しおんの前で堂々と自分が犯人であることを告白。機械の身体も披露。

それでも信じようとしないしおんを抱いて空を飛ぶ獅子神くん。号泣するしおん。

しおんは上空にいること、獅子神くんが本当に殺人鬼であることが怖いのではなく、獅子神くんと離れることがとても哀しくて泣いておりました。

ここに新たにこれから全世界を敵に回す気満々だった獅子神くんのストッパーが誕生。

濁った目に光が戻り、これからはなくなりそうになっている命を救っていくことをしおんに約束する獅子神くん。

「それで…… いいだろ……」

差し引きの出来事じゃないんで良い感じがあんまりしませんが、次の日からSNSを使って末期ガンや不治の病の人間の元にいって命を救う作業を続ける獅子神くん。

いぬやしき 5巻
いぬやしき 5巻
奥浩哉(著)
Amazon いぬやしき 5巻詳細ページへ

しおんと、おならが長いしおんの祖母の元で綺麗な獅子神くんになっていきましたが、変装もせず全国指名手配が救命活動を続けていれば、遅かれ早かれ…むしろ早くに足がついてしまうわけで…

しおんの家に完全武装した部隊が現れて次回です。


関連記事

è