かんそうのほんだな

週刊「今週のキン肉マン」 第185話 孤独の中で…!!の巻 ゆでたまご

週刊「今週のキン肉マン」 第185話 孤独の中で…!!の巻 ゆでたまご

2週間間が空いた本編再開。いやぁ長かった…

今回のサブタイトル「孤独の中で…!!」はネメシスのことでしょう。

完璧超人も今回の闘争で残り僅かになってしまい、これ見よがしに正義超人サイドはセコンドいっぱいですから、サダハル叔父ちゃんはここが踏ん張り所です。

孤独の中で輝いて、完璧超人復興の夢を諦めないで!

 
CCP マスキュラー コレクション vol.EX キン肉マン2.0 ハイスペックVer. (原作カラー)

 
周囲の揺さぶりに負けず、乾坤一擲ネメシスドライバーを仕掛けたネメシス。

しかし、タイミングを見計らっての「火事場の大回転」でネメシスの体勢を崩すキン肉マン。ミスミスミス

ハナから火事場のクソ力で踏ん張ろうとしたらネメシスも火事場のクソ力で相殺してきそうですが、突然噴出してきたのでネメシスもびっくりして対応できなかった?
空中で攻守入れ替わっての迫力満点のキン肉マンドライバーが久しぶりにリングに突き刺さります。

 
キン肉マンドライバーが本編で綺麗に決まったのはホークマン戦以来でしょうか?
番外編で結婚式前にラーメンマンも喰らってましたけど、あの時はさすがに火事場ってなかったような…

キン肉マンには最上位フェイバリットの「マッスルスパーク」がありますが、火事場のクソ力+キン肉ドライバーも流石の威力です。
キン肉マンマリポーサも「よせ キン肉ドライバーをくらって立ち上がってこいというのは無理というものだ…」って弱気な事言ってたし。

 
これまでほぼ安定のノーダメージで試合を進めていたネメシスも一変して大流血。
この光景には自分も同じ技でしてやられた悪魔将軍も思わずほっこり。

「懐かしいものを見せてくれる なあバッファローマンよ」

ちゃんと試合見ておけ言われて真面目に観戦してたのに、急に昔の離反ネタふられて返答に困っちゃうバッファローマン。
そしてサンシャインのこの笑顔! グォーフォッフォッフォッ。

「下界に降りて昔と比べてちっとはおまえも冗談が上手になったじゃねぇか」と言ってたアビスマンも、元同僚のコミュニケーションの成長に、あの世でモガモガしてることでしょう。

タイミング・角度・スピードともにパーフェクトにみえた逆転のキン肉ドライバーでしたが、あれでもまだ「威力が足りぬ」と見る悪魔将軍。

「咄嗟に出たあれでは勢い不足」と、ドッキングの方ですが自分も体験済みのサンシャインも鋭く分析。

正義超人サイドのセコンドの数といい、悪魔超人サイドのこのアットホームな雰囲気といい、これ完全に完璧超人サイドの寂しい感じと対比させてますな! 武道さん話し相手がいないし…

 
悪魔超人サイドの見立てどおり、ネメシスは立ち上がります。

キン肉ドライバーで大ダメージを負いながらも、「そういえば貴様の返事はまだ聞いていなかったな」と真弓に勧誘の件の返事を改めて聞く律儀なネメシス。育ちの良さが窺えます。

ほぼ隠居の身である自分を完璧超人に誘ってくれた事は正直嬉しかったという真弓。

もちろん誘いは断る真弓でしたが、むしろあなたがキン肉族に帰ってきてくださいませぬかと、掟破りの勧誘返し!
これにキン肉マンとハラボテマッスルも追撃。

3人に誘われてちょっとうつむいたり、サダハルの顔に戻ったりするネメシス! こ、これはいけませーん!
武道さんがひとりぼっちになっちゃーう!

 
「ええい 黙らぬかこの下等超人どもがーっ!」

 
よういうた! それでこそ完璧超人や!

…まあ、口ではツッパってみたものの、タツノリが言ってた慈悲の力はだいぶ理解してしまったネメシス。
しかし、だからこそ、その力を遠い未来に悪用されるわけにはいかない。

正義超人サイドは連帯感ハンパないし、悪魔超人悪魔超人サイドは仲良く解説とかしてるけど、完璧超人の生き残りとして、自分ひとりでも超人閻魔である武道さんを支える所存。オレひとりで… オレは… ひとりで…

 
「お前はひとりじゃないぞネメシス!」

 
リングサイドに無量大数軍のピークア・ブー登場。

敗死の掟を反故にしたことはあとで話し合うとして、まずは目の前のキン肉マンを倒し、共に未来の完璧超人界を立て直していこうじゃないかとやってきました。

完璧超人始祖を「連中」呼ばわりしているあたり、「倒された完璧超人にもはや存在価値などない」完璧超人の誇りは健在の模様。ピークもキン肉マンに倒されたけど。

ところでこんな堂々と表に登場して大丈夫なのでしょうかピーク? 武道さんの竹刀が飛んできそうな気がしますけど。

その武道さんは今回も台詞無しで遠くにちいさく写っているのみ。
もう毎回ビキビキしていた目力すら描写されなくなってますけど、今の心中やいかに。

 
セコンドにつくというピークの言葉に当然の如く激しく反抗しますが、一応話だけは最後までちゃんと聞く、育ちの良さがここにも表れているネメシス。
また、ピーク以外にもこの会場でネメシスを影ながら応援している完璧超人の声に気がつきます。

そ、そんなところにいたら武道さんにすぐ見つかりそうなものですが、通路の影にネプチューンマンが!

 
「これから完璧超人界を立て直していくためにも お前は今日…キン肉マンに勝て!!」

 
いままで通路の影に隠れていたけど、つい熱くなってだいぶ姿が見えるところにでちゃって熱い檄をネメシスに飛ばすネプチューンマン!

これもう、武道さんほどの実力者ならとっくにネプチューンマンらのこと気付いてたけどあえて黙ってるなあこりゃあ。

 
キン肉マン 56巻
キン肉マン 56巻
ゆでたまご(著)
Amazon キン肉マン 56巻詳細ページへ

 
ウォーズマン・バッファローマン・悪魔将軍・ネプチューンマン・武道さんと、「キン肉マン」が完全に超人プロレス漫画になってからのシリーズラスボスが、スーパーフェニックス以外一堂に会してますな! 武道さんは中の人が違うけど。

試合の方はどっちが勝利して終わるのか分からなくなってきました。

このまま武道さんが黙っているなら、悪魔将軍と戦ずして終わってしまう雰囲気すら感じられますけどどうなっていくのか?

次週です。


関連記事

キン肉マン マッスルジェネレーションズ

キン肉マン マッスルジェネレーションズ 詳細ページへ
キン肉マン マッスルグランプリ2 特盛

キン肉マン マッスルグランプリ2 特盛 詳細ページへ
キン肉マン コンプリートBOX (完全予約限定生産) [DVD]

キン肉マン コンプリートBOX (完全予約限定生産) [DVD] 詳細ページへ
è