ゴールデンカムイ一覧

NO IMAGE

「ゴールデンカムイ」全巻セット価格比較

「ゴールデンカムイ」全巻セット価格比較 「ゴールデンカムイ」は集英社「ヤングジャンプ」で2014年から連載開始した作品で、作者は野田サトル先生。 野田サトル先生は北海道出身。 前作「スピナマラダ!」が苫小牧のアイスホッケー部マンガで、今回は日露戦争後の北海道にてアイヌ族の風習を交えつつ埋蔵金争奪バトルマンガと、寒い地方出身の地の利を生かしたマンガでグイグイ攻めていらっしゃいます。

ゴールデンカムイ 7巻 野田サトル 不死身のヒグマ

ゴールデンカムイ 7巻 野田サトル 不死身のヒグマ 不意を付いてネタねじ混んでくるから毎回ブフッってなってくやしい。 ページにシライシ分が高いとほぼギャグ回になりますが、日頃アシㇼパの隣でまろやかになっている杉元が、スイッチ式に“不死身の杉元”になる瞬間はホント好き。

ゴールデンカムイ 4巻 野田サトル 女房にとっちゃあ男同士の勝負など知ったことではない

ゴールデンカムイ 4巻 野田サトル 女房にとっちゃあ男同士の勝負など知ったことではない 一般人からの評価じゃなくて、幾多の死線を何度も乗り越えてきた兵士たちから不死身だの鬼神だの言われている杉元さんと互角ってしゅごい。二瓶さんしゅごぉい。 しかしアシㇼパを人質に取られてしまったので杉元さんの活躍は終わり。 この巻は脱獄王・白石由竹多めです。

ゴールデンカムイ 3巻 野田サトル “不死身の杉元”vs“悪夢の熊撃ち二瓶鉄造”

ゴールデンカムイ 3巻 野田サトル “不死身の杉元”vs“悪夢の熊撃ち二瓶鉄造” 負けっぱなしだけど不死身だから平気だモン!の杉元佐一さん。 はじめは北の大自然相手はアシㇼパ、軍人相手は杉元で役割分担されてるんだなと思ったんですが、相手も戦争で鍛えられたねばり強さがあるから痛み分けの判定負けが多い佐一さんです。 まー日露戦争で暴れすぎて身体に染み付きすぎた殺気の匂いで、視力を失った大好きだった人が佐一を認識できなくなっていますから、今後極力人を殺めないのが佐一の進むべき道なのかもしれません。

ゴールデンカムイ 2巻 野田サトル 憑き神は首の後ろ

ゴールデンカムイ 2巻 野田サトル 憑き神は首の後ろ ウサギ(イセポ)と共に戦う8話表紙から始まって次のページで「ウサギを食べよう」だもんなぁ ウサギの生目玉に“不死身の杉元”がヒンナヒンナスタートの8巻です。うーん無理。 人に生目玉や生脳ミソ食わせるのに、自分は味噌を「オソマ」だと言って食わないんだもんなー あ、カワウソも同じ目にあってました。エカシオトンプイさん神の恵みにはとことん躊躇ない。

スポンサーリンク