センゴクシリーズ一覧

センゴク権兵衛 3巻 宮下英樹 vs湯川党山岳戦

センゴク権兵衛 3巻 宮下英樹 vs湯川党山岳戦 戦国武将に詳しい人ならすぐ気づくのでしょうが、なぁんせ登場人物が多いこのマンガ。 当然現れて「離れていても心はひとつ」くらいの血より濃い絆を見せられると、ええ!?この人どちら様!?ってなっちゃいますな尾藤さん! 手取川の戦いで権兵衛に助けてもらった人でしたか!

NO IMAGE

「センゴク権兵衛」全巻セット価格比較

「センゴク権兵衛」全巻セット価格比較 15巻区切りで続いてきたセンゴクシリーズもとうとう第四部になりました。 「天正期」「一統記」は織田信長が中心に日の本が乱れに乱れていた時代だったため、織田信長が激戦を勝ち抜き、羽柴秀吉が信長が切り開いた道をがっちり整地していくさまにどうしてもスポット多めで、本来の主人公・仙石権兵衛秀久にはちょっとお休みの機会が多かったんですけど、秀吉の天下統一がいよいよ現実的になったところで、ようやく本来の主人公にカメラが戻ってきた感じです。

センゴク権兵衛 1巻 宮下英樹 六十歩越えて何も伝えておらん。つまり無能

センゴク権兵衛 1巻 宮下英樹 六十歩越えて何も伝えておらん。つまり無能 15巻ずつ句切って続いてきた「センゴク」シリーズも、いよいよ最終章となりました。 「一統記」では秀吉が織田信長・明智光秀・柴田勝家を越えて天下へと駆け上がる大事なタイミングだったので、すっかり秀吉が主役っぽくなっていましたが、最終章ともなるとさすがに仙石権兵衛の出番もビシバシありそうです。

NO IMAGE

「センゴク一統記」全巻セット価格比較

「センゴク一統記」全巻セット価格比較 戸次川の戦いで大失敗する予定の仙石秀久を主人公に置いた戦国マンガも第三部に突入いたしました。 作者はもちろん宮下英樹先生で御座います。 機を見るに敏。攻めるスピードも逃げるスピードもちょっ速だった織田信長にもとうとう最期の刻がきました。

NO IMAGE

「センゴク天正記」全巻セット価格比較

「センゴク天正記」全巻セット価格比較 戦国時代のいくつもの通説を、さらなる検証で鋭くツッコミをいれつつお送りしている宮下英樹先生の戦国時代漫画第二部。 …が、第一部ほどツッコミは入っていませんでした。 時代が新しくなるにつれ、通説も信憑性が高いものへと変わってきたということでしょうか。

センゴク一統記 13巻 宮下英樹 小牧合戦開始

センゴク一統記 13巻 宮下英樹 小牧合戦開始 羽柴家と柴田家の内戦、そして実質上の織田家簒奪の政争・賤ヶ岳合戦は柴田勝家の豪快すぎるフルスイング切腹、織田信孝の切腹、佐久間盛政打ち首などで終了。 まだ織田信雄が上にいるものの、羽柴秀吉の天下がもう目の前まできています。豊臣る日は近い。 しかしそんなイケイケの羽柴秀吉をまだ冷や汗ダラダラに脅かす存在がひとり、徳川家康で御座います。

スポンサーリンク