全巻セット一覧

NO IMAGE

「封神演義」全巻セット価格比較

「封神演義」全巻セット価格比較 1996年に週刊少年ジャンプで連載が開始された作品で作者は、独特の絵柄とセンスがきらりと光る藤崎竜先生。 今思えばよくこの題材を選び持ってきたなあと、その挑戦者魂に感心いたします。 「封神演義」はもともと、「西遊記」「三国志演義」「水滸伝」といった日本でも多数メディアミックスされた作品に比べると、一歩引いたマイナーな中国の古い小説でしたが

NO IMAGE

「北斗の拳 イチゴ味」全巻セット価格比較

「北斗の拳 イチゴ味」全巻セット価格比較 週刊少年ジャンプで1983年から連載スタートして、約5年間に渡りジャンプを牽引していった名作「北斗の拳」。 「199X年」もとうにすぎてしまいました。 その30周年企画の一環として作られた作品で、作者はある日突然トレースなしでコレとそっくりに描け。と北斗の拳のコミックを机の上に置かれた行徒妹先生。

NO IMAGE

「亜人」全巻セット価格比較

「亜人」全巻セット価格比較 「亜人」は、2012年から講談社「good!アフタヌーン」で連載中のマンガで、作者は桜井画門先生。 コミック1巻には原作者に三浦追儺先生の名がありますが、2巻からは桜井画門先生の名前のみになっています。 物語は、自分がある日突然不死だった場合に、どうのようなことが起こるか? という所がまず焦点になっていて、主人公の高校生・永井圭は、自分の不注意でトラックに轢かれ、肉体がバラバラになった状態から即生き返ってしまった所為で、一瞬にして全国指名手配の人間に。

NO IMAGE

「スラムダンク」全巻セット価格比較

スラムダンク全巻セット価格比較 「バガボンド」「リアル」を連載中、井上雄彦先生の代表作。 赤い髪が目印。湘北高校の不良少年・桜木花道が一目惚れからはじまるバスケット漫画。 90年代の少年漫画の代表格のひとつと言って良い作品で、名シーン名セリフは数知れず。 当時の読者に名シーン名セリフをたずねてみれば、それぞれ違った答えが返ってくるのではないでしょうか。

NO IMAGE

「アルスラーン戦記 THE HEROIC LEGEND OF ARSLAN」全巻セット価格比較

「アルスラーン戦記 THE HEROIC LEGEND OF ARSLAN」全巻セット価格比較 「アルスラーン戦記 THE HEROIC LEGEND OF ARSLAN」は、「銀河英雄伝説」「KLAN」などいくつもアニメ・漫画化した小説の作者・田中芳樹先生の代表作品のひとつ「アルスラーン戦記」を、「鋼の錬金術師」「銀の匙 Silver Spoon」などヒット作を飛ばした荒川弘先生が漫画化した作品です。

NO IMAGE

「となりの関くん」全巻セット価格比較

「となりの関くん」全巻セット価格比較 「となりの関くん」は、メディアファクトリー出版「コミックフラッパー」連載中のショートマンガで、 作者は秋田書店「週刊少年チャンピオン」で「アイホシモドキ」を連載していた…というか、 講談社の「ヤングマガジン」 集英社の「ジャンプスクエアセカンド」 2010年に休刊してしまいましたが新潮社の「週刊コミックバンチ」など、 多数の舞台で読み切りや連載を持っていた実力派のマンガ家・森繁拓真先生。

NO IMAGE

「幽遊白書」全巻セット価格比較

「幽遊白書」全巻セット価格比較 正確には間に☆のマークが挟まって「幽☆遊☆白書」や「幽★遊★白書」となっている、1990年から集英社「週刊少年ジャンプ」で連載スタートしたオカルトアクション漫画で作者は「レベルE」「HUNTER×HUNTER」と、立て続けにアニメ化した作品を作った冨樫義博先生。

NO IMAGE

「HUNTER×HUNTER (ハンターハンター)」全巻セット価格比較

「HUNTER×HUNTER (ハンターハンター)」全巻セット価格比較 週刊少年ジャンプにて大ヒットした「幽遊白書」から「レベルE」を経て、1998年に待望の新連載で登場した冨樫義博先生作品「HUNTER×HUNTER」。 タイトルからして冒険もののように感じられますが、もっと単純な「狩るか狩られるか」のDEAD OR ALIVE?な部分が色濃い作品になっております。 でもたまにお宝をハントしてるときはあります。