全巻セット一覧

NO IMAGE

「うっちゃれ五所瓦」全巻セット価格比較

「うっちゃれ五所瓦」全巻セット価格比較 1988年に小学館週刊少年サンデーで連載が開始された、なかなかお目にかかれない格闘ジャンル「相撲」を題材とした漫画で、作者は当時集英社月刊少年ジャンプで「わたるがぴゅん!」という看板タイトルを持っていたなかいま強先生。 集英社で絶賛連載中なのに、小学館で連載して大丈夫なの!?などと幼少ながら余計な心配をしてたものです。

NO IMAGE

「覚悟のススメ」全巻セット価格比較

「覚悟のススメ」全巻セット価格比較 「雑草などという草はない!」 「その言葉宣戦布告と判断する! 当方に迎撃の用意あり!」 1994年に週刊少年チャンピオンに現れた快作で、作者はクセの強い独特な台詞回しと絵柄のセンスで唯一無二感がすさまじい山口貴由先生。

NO IMAGE

「ああ播磨灘」全巻セット価格比較

「ああ播磨灘」全巻セット価格比較 数少ないけど名作が多い「相撲」を題材にした漫画の代表作のひとつで、正式タイトルが「読むと強くなる横綱漫画 ああ播磨灘」と長くて大胆。 作者は「なんと孫六」のさだやす圭先生。掲載誌は講談社「モーニング」でした。 「孫六」でピンときた方のお察しの通り、こちらの主人公・横綱播磨灘勲(はりまなだ いさお)も傍若無人で傲岸不遜で

NO IMAGE

「封神演義」全巻セット価格比較

「封神演義」全巻セット価格比較 1996年に週刊少年ジャンプで連載が開始された作品で作者は、独特の絵柄とセンスがきらりと光る藤崎竜先生。 今思えばよくこの題材を選び持ってきたなあと、その挑戦者魂に感心いたします。 「封神演義」はもともと、「西遊記」「三国志演義」「水滸伝」といった日本でも多数メディアミックスされた作品に比べると、一歩引いたマイナーな中国の古い小説でしたが

NO IMAGE

「アルスラーン戦記 THE HEROIC LEGEND OF ARSLAN」全巻セット価格比較

「アルスラーン戦記 THE HEROIC LEGEND OF ARSLAN」全巻セット価格比較 「アルスラーン戦記 THE HEROIC LEGEND OF ARSLAN」は、「銀河英雄伝説」「KLAN」などいくつもアニメ・漫画化した小説の作者・田中芳樹先生の代表作品のひとつ「アルスラーン戦記」を、「鋼の錬金術師」「銀の匙 Silver Spoon」などヒット作を飛ばした荒川弘先生が漫画化した作品です。

NO IMAGE

「となりの関くん」全巻セット価格比較

「となりの関くん」全巻セット価格比較 「となりの関くん」は、メディアファクトリー出版「コミックフラッパー」連載中のショートマンガで、 作者は秋田書店「週刊少年チャンピオン」で「アイホシモドキ」を連載していた…というか、 講談社の「ヤングマガジン」 集英社の「ジャンプスクエアセカンド」 2010年に休刊してしまいましたが新潮社の「週刊コミックバンチ」など、 多数の舞台で読み切りや連載を持っていた実力派のマンガ家・森繁拓真先生。

NO IMAGE

「幽遊白書」全巻セット価格比較

「幽遊白書」全巻セット価格比較 正確には間に☆のマークが挟まって「幽☆遊☆白書」や「幽★遊★白書」となっている、1990年から集英社「週刊少年ジャンプ」で連載スタートしたオカルトアクション漫画で作者は「レベルE」「HUNTER×HUNTER」と、立て続けにアニメ化した作品を作った冨樫義博先生。

NO IMAGE

「HUNTER×HUNTER (ハンターハンター)」全巻セット価格比較

「HUNTER×HUNTER (ハンターハンター)」全巻セット価格比較 週刊少年ジャンプにて大ヒットした「幽遊白書」から「レベルE」を経て、1998年に待望の新連載で登場した冨樫義博先生作品「HUNTER×HUNTER」。 タイトルからして冒険もののように感じられますが、もっと単純な「狩るか狩られるか」のDEAD OR ALIVE?な部分が色濃い作品になっております。 でもたまにお宝をハントしてるときはあります。