「へうげもの」全巻セット価格比較

「へうげもの」全巻セットまとめ買い価格比較

「へうげもの」は、講談社「モーニング」にて2005年から連載開始した歴史漫画で、作者は山田芳裕先生。
一見滑稽にも見えますが、無闇にパワフルで迫力のあるアクションシーンを描かれるのが印象的な先生ですね。ちょっちゅね。

タイトルの「へうげもの」は、「ひょうげもの」と読み、
剽げる(ひょうげる)→ひょうきんなことを言う。おどける。
から、「へうげもの」はひょうきんな者という意味。らしいです。最近知りました。

主人公は古田左介重然。
織田信長の死後は豊臣秀吉の家臣となり、同じく織田、豊臣と茶頭を勤めた千利休の死後、天下の茶人といわれるようになった方。
昔の御方は呼び方がコロコロ変わって混乱しますが、陶器・織部焼の古田織部(ふるた おりべ)さんです。

物語は1577年の安土桃山時代、織田信長が帝から蘭奢待(らんじゃたい)もらっていて、天下布武も目の前にきているところからスタート。

ひとつの茶器が一国の価値に相当していた、今だとなかなか理解しがたき価値観の時代。
戦乱の中でどさくさに己の強い物欲を満たすべく、姑息と真剣を絶妙に混ぜ合わせた立ち回りを見せる織部さんの物語です。

あと各話のタイトルが曲のタイトルをもじったものになってて、当世にはふさわしうないお召し物になっております。

戦国時代、数々の武勇を持つ武将が主人公を演じる物語が多い中、茶人としてわび数寄に人生をかけた男にスポットを当て、展開が破天荒にみえてその実、いくつも存在する説を細かく掬い上げて面白おかしく、丁寧に描かれている歴史漫画「へうげもの」全巻セットまとめ買い情報です。

へうげもの全巻セットまとめ買い価格比較一覧

へうげもの コミック 1-20巻セット (モーニング KC)

Amazon
17,510 円より
Amazonのへうげもの 全巻セットはこちら

備考:中古本は個人での出品も多く、本の冊数、状態が様々。

Kindle
10,800円(一冊540円×20巻)
Kindle版のへうげもの 1 はこちら

備考:現在20巻まではまとめ買いが可能。基本的には一冊ずつの購入。
キャンペーンなどによって安く買えることも。

楽天市場
6,330 円より
★この部分をリンク先の内容を表すテキスト文に書き換えてください★” target=”_blank”>楽天市場のへうげもの 全巻セットはこちら

備考:100円ごとに1ポイント~の還元あり。キャンペーンによっては10倍以上ポイントが付くことも

kobo
10,800円(一冊540円×20巻)
kobo版のへうげもの1はこちら

備考:楽天ブックスの一部として統合、まとめ買いが出来る用になって便利に。
キャンペーンやクーポンで安く買えることも。

Yahoo!
7,580 円から
Yahoo!のへうげもの全巻セットはこちら

備考:100円ごとに1ポイント~の還元あり。キャンペーンによっては10倍以上ポイントが付くことも

漫画全巻ドットコム
11,670 円 (新刊 送料税込価格)
漫画全巻ドットコムのへうげもの 全巻セットはこちら

備考:クリアカバー全巻分贈呈。全巻販売サイトとして超有名所。

全巻漫画.com
6,790 円 (中古 税込価格)
全巻漫画.comのへうげもの 全巻セットはこちら

備考:1万円以上の買い物で送料無料。発送が早い。

ネットオフ
4,498 円 (中古 送料税込価格)
ネットオフのへうげもの 全巻セットはこちら

T-pointを利用可能で、200円ごとに1ポイント還元。

この時代の茶の湯の話となると外せない人物である千利休の存在がものすごくでかく、せいぜい教科書の落書きの的くらいにしかなってなかった人からすると、このマンガで随分見方が変わった人も少なくないのではないでしょうか。

実際発言力も相当強かった人だったらしいですけれども、山田芳裕先生が持つ奇妙な迫力の絵もあわさって強烈なインパクトをお持ちの茶鬼に仕上がっています。

茶入ひとつ地面に落としただけの絵が、どうしてこんなにもダイナミックに感じられるのでしょう。
ちょっとした小物にもわび数寄を見出してしまいそうです。

あと数々の説得や交渉といった会話シーンが面白く、こんな上手に日本語を使いこなせたら会話の駆け引きも楽しいだろうなぁと思う次第。
言葉に力があるというか、そんなことを言われたら従うしかないじゃない!という見事な誘導力です。

大の大人が命をかけて剽げている、味わい深い歴史漫画で御座います。