「幽遊白書」全巻セット価格比較

「幽遊白書」全巻セットまとめ買い価格比較

正確には間に☆のマークが挟まって「幽☆遊☆白書」や「幽★遊★白書」となっている、1990年から集英社「週刊少年ジャンプ」で連載スタートしたオカルトアクション漫画で、作者は「レベルE」「HUNTER×HUNTER」と、立て続けにアニメ化した作品を作った冨樫義博先生。
「狼なんて怖くない!!」「てんで性悪キューピッド」も含めて、モンスターを取り扱った作品が多いですね。

物語は、皿屋敷中学の二年生でバリバリの不良少年・浦飯幽助が、車にはねられそうになっている子供を咄嗟に助けた際に、自分がはねられてしまって幽霊になるところからスタート。

死んだ人間の魂を案内するお仕事やっている霊界案内人・ぼたんでも若干引くほどの悪童だった幽助のこの自己犠牲死は、霊界的にも想定外だったため幽助に生き返るチャンスが与えられます。

はじめは妙に人生わきまえた感じで生き返ることを拒否する幽助でしたが、地上で幽助の死に泣いている幼馴染の螢子を見て、生き返る試練に挑戦していくお話。

その後無事、というか早めに蘇生した幽助は、霊界探偵としてぼたんとともに人間界にはびこる悪の妖怪たちを退治していく話にすすみ、やがてその活躍がさらなる敵を呼ぶ形になり、否応無しに妖怪犇くトーナメント・暗黒武術会に参加。やがて話は魔界編へと規模が拡大していきます。

学校で喧嘩仲間、というかほぼ幽助のサンドバックだった桑原。
霊界探偵としてある事件を追跡中知り合った蔵馬、同じく霊界探偵の時に殴りあった飛影。

これに幽助を入れた4人が、物語を熱く、たまに黒く盛り上げていった「幽遊白書」全巻セットまとめ買い情報です。

幽遊白書全巻セットまとめ買い価格比較一覧

幽遊白書 全19巻セット (ジャンプ コミックス)

Amazon
2,227 円より
Amazonの幽遊白書 全巻セットはこちら

備考:ポイント還元有。中古本は個人での出品も多く、本の冊数、状態が様々。

Kindle
7,600円(一冊400円×19巻)
Kindle版の幽遊白書1はこちら

備考:記事投稿日調べの価格。まとめ買い機能は無く、一冊ずつの購入。
キャンペーンなどによって安く買えることも。

楽天市場
880 円より
楽天市場の幽遊白書 全巻セットはこちら

備考:平均して100円ごとに1Pのポイント還元有り。

kobo
7,600円(一冊400円×19巻)
kobo版の幽遊白書1はこちら

備考:楽天ブックスの一部として統合、まとめ買いが出来る用になって便利に。
キャンペーンやクーポンで安く買えることも。

Yahoo!
2,990 円から
Yahoo!の幽遊白書全巻セットはこちら

備考:100円ごとに1ポイント~の還元あり。キャンペーンによっては10倍以上ポイントが付くことも

漫画全巻ドットコム
7,999 円 (新刊 送料税込価格)
4,900 円 (中古 送料税込価格)
漫画全巻ドットコムの幽遊白書 全巻セットはこちら

備考:クリアカバー全巻分贈呈。全巻販売サイトとして超有名所。

全巻漫画.com
2,950 円 (中古 税込価格)
全巻漫画.comの幽遊白書 全巻セットはこちら

備考:1万円以上の買い物で送料無料。発送が早い。

ネットオフ
2,598 円 (中古 送料税込価格)
ネットオフの幽遊白書 全巻セットはこちら

備考:1,500円以上の買い物で送料無料。
T-pointを利用可能で、200円ごとに1ポイント還元。

はじめこそふんわりしたコメディタッチですが、段々と話が進むにつれアクション要素が色濃くなっていき、必殺技の応酬、戦闘力の数値化など当時の少年漫画の流行を地で行くバトル展開へ。

序盤でもちらちらと見え隠れしていましたが、暗黒武術会の中盤あたりから冨樫先生の底力のようなものがぎらつき始め、元霊界探偵仙水が登場する魔界の扉編になると、単純に割り切れない正悪がこれでもかと描写され読む方を惑わしてくれます。というか正と悪が逆転したりします。

ひとつの漫画で色んな色を魅せながらも、なめらかに引き込んでいく作者の匠を感じる力作です。
ラスト付近の蔵馬の「深く考えない方がいいですよ」 が、なんか妙に記憶に残ってましたなぁ