今週のキングダム&テラフォーマーズ ヤングジャンプ 32号

今週のキングダム&テラフォーマーズ ヤングジャンプ 32号

風がでてきました。
こんな日は家で大人しくヤングジャンプです。

週刊「今週のテラフォーマーズ -TERA FORMARS-」
第102話 「DEVOTED LIFE WORK 技師と呪縛」

奥手っぽい鬼塚の、おそらく初めて女性からのOMOTENASHIが本場の発勁で、鬼塚のDynamiteなhoneyがDynamite。
同誌連載中の「源君物語」では、年上の眼鏡と、でもいいんじゃない?でもいいんじゃない?の真っ最中だってのに、この差はかわいそすぎる。

でも、なんとか被害が1個で済んでるみたいですよ!
あんだけ至近距離から強烈な発勁喰らったのに如意棒ともう片方の世界でいっとースリルな秘密が無事だったとは奇跡ですなあ。

鬼塚家の存続が気にはなりますが、今回の涙ですっぱいエピソードはウォルフ。

少子化が問題視されている今の日本だと、アドルフの寝取られエピソードよりもさらに実践向きそうなエピソード具合にコメントにも困ります。
自分の真面目さに潰されてしまった男のお話。さすがヤングジャンプだなぁ。

昔いた会社では常に「孤独&納期 vs 俺」の変則デスマッチで、激務の末死後硬直みたいなヤベえ倒れ方しても誰一人庇ってくれなかったというなんかリアル生々しすぎる思い出があるウォルフですが、今は似た様なヤツらがいる! みんな! 世界を救おうぜ!

「………あぁ……」

え、ちょっと? なんか、あまりノリ気じゃない?

と、ともかく、非戦闘員のハッキングメンバー全員が、ウォルフのように自分の真面目さにやられてしまった人たちなのかは分りませんが、技術はたしか!

これは間に合う!

が、背後の穴からやっぱり鬼塚が落としたGが出現。

いろんな物を積み木のように積み上げてドーム上の天井に辿り着いたみたいですが、どうやって巨大なクレーン車を一番上に積み上げたのか。
まだ判明していないなにかの特性を利用したのなら、それなりにパワーがあるGっぽそう。
非戦闘員ばっかりのハッキングメンバーは、来週には思い出に変わってしまいそうです。

そして、ただでさえ片方の色とりどりの夢がDOSSARIが破壊されて、その苦痛に堪えるだけでも目が充血しっぱなしな鬼塚が膝を落とします。
時間は残り4分29秒といったところですが、鬼蜻蜓Gとの戦闘で破損した右腕から紅ちゃんウイルスがずっぽし入ってしまってたもよう。
股間は西に、傷口は紅にDynamiteされて眩暈おこしそう! oh! yeah!

テラフォーマーズ 9
テラフォーマーズ 9
橘 賢一(著),貴家 悠(原著)
Amazon テラフォーマーズ 9詳細ページへ

同誌連載中の「源君物語」では、あまりの快楽で自分がリードできないでいる年上の眼鏡とでもいいんじゃない?でもいいんじゃない?の真っ最以下略。
といったところで次週です。

今週のキングダム 第394話 「見物」

三軍同時突入三日目。

騰(とう)の軍を見つめる魏火龍のひとり・霊凰(れいおう)は、何かある。と薄々感じてはいるものの、まだ秦軍の作戦に気がついていない様子。
天才ゆえに「それは無茶だろう」という作戦は思いつく必要も無い!ってところがあるのかも知れませんな。

王賁(おうほん)は紫伯(しはく)が現れるまで、王翦(おうせん)からのゲスト参戦である関常(かんじょう)の部隊に突っ込んでもらう作戦。
手塩にかけて育てた兵が次々に倒れ、なんともやりきれない関常さんがちょっぴり可哀想な感じですが、これも争覇する春秋戦国大河ロマン。
ただけっこう早く紫伯の方から突っ込んできてくれたので、王賁の出番も早めに来ました。

信の方も凱孟(がいもう)と直接対決開始。
部下たちはまわり囲まれて馬の上から槍でぷすぷすされており、ちょっとこちらも被害すごそう。
3つの部隊が呉鳳明(ごほうめい)本陣にたどりつくことができても、まともに呉鳳明と戦闘できる残存兵力は録嗚未(ろくおみ)のところだけではなかろうか?

キングダム 34
キングダム 34
原 泰久 (著)
Amazon キングダム 34詳細ページへ

その録嗚未は、信や王賁といったニュージェネレーションがこの戦いで名をあげますよー!!というノリにたいそう不満。魏火龍もきてないし。
ここは一発、象が踏んでもやや壊れない録嗚未怒りの進撃を見せていただきたい! なんなら真っ先に呉鳳明のところに行っちゃってもいいのではないでしょうか! 魏火龍もきてないし…
といったところで次週です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク