暗殺教室 8巻 松井優征 大事にするよ!!

暗殺教室 8巻 松井優征 大事にするよ!!

大事にして欲しい。

ウィルスでダウンした半数の生徒を救うため、殺せんせーを狙う謎の第三者がもつ治療薬を奪いに山頂のホテルの最上階を目指す残り14名のE組生徒。そして引率の先生たち。

烏間先生ならひとりでなんとかしてくれるんじゃない? といったところですが、早々に出鼻をくじかれました。がーんだな。

暗殺教室 8巻 暗殺教室 8巻

第8巻収録話
第62話 「プロの時間・2時間目」
第63話 「引率の時間」
第64話 「拘りの時間」
第65話 「カルマの時間・2時間目」
第66話 「女子の時間」
第67話 「武器の時間」
第68話 「チャンスの時間」
第69話 「黒幕の時間」
第70話 「**の時間」

治療薬には爆弾がしかけられており、潜入がバレたらマズい。
エレベーターは使用禁止。

テロリストに占拠されにくい設計になっているホテル内部を、長い廊下をいちいち進んで階段を登っていかなくてはなりません。
分かりやすく言うとファミコンのスパルタンX。スタートボタン連打で何度も笑い声を聞こう。

ちょっと危ない系の一般客も多いいわく付きのホテル。

最初の関門・見張りの多いロビーでは、ビッチ先生が小娘には到底マネできない魅惑のテクニックを披露。
たちまちロビーにいた男たちはビッチ先生に釘付け。これが世界のハニートラップだ!

渚くんですら「この胸の高鳴りはなに?」となる見事な男心をにぎにぎするトラップでしたが、本命?の烏間先生は眉一つ動いてないのがいとをかし。

普段は中学生の健やかな成長をカメラに収める青春学園ドラマの為、お色気関係のギャグを一手に背負ったポジションであるビッチ先生も、世界をまたにかける殺し屋の実力ちょいと見せればざっとこんなもん。

そして同じプロの殺し屋が敵側にも三人。その道のプロとの勝負に緊張が走ります。

んで緊張感に欠けていた寺坂たちを庇った烏間先生が、一人目の殺し屋“スモッグ”が放った、象も一発で昏倒する麻酔ガスを思いっきり喰らってしまいました。

マガジン・サンデーともにメガヒットしている探偵マンガ大好きな不破優月が、“スモッグ”の接近に誰よりも早く気づきましたけど、それでもひと足遅かった!

「ジャンプの探偵物はよく知らないけど文庫版が出てるらしいから買うといいと思う」い、いやらしい!?

でも横の「集英社文庫 魔人探偵脳嚙ネウロ 全12巻発売中」の広告に気づくまで、「人形草紙あやつり左近」のことかな?と思っていたのは秘密。

ちなみに「人形草紙あやつり左近」の文庫版は全3巻となっております。

ウィルス混入ドリンクを飲ませた犯人でもあった“スモッグ”は、麻酔で身体能力が著しく低下している烏間先生の右飛び膝蹴りを喰らってKO。

そのまま烏間先生もダウン…とはいきませんでしたが、30分くらい満足に戦えない状態に。

マンガの世界の麻酔や毒関係でいっつも犠牲になってしまうかわいそうな象さんや鯨さん。
イマイチ本番で結果がだせないのがさらに象さんたちの無念さに磨きをかけますが、敵には効きました! やったね象さん!

二人目の、素手で職務を全うする殺し屋“グリップ”に、前回の期末テストの失敗を糧に敵を侮らなくなったカルマが、“スモッグ”からくすねてた麻酔ガスを浴びせKO。
ケツに恨みをもつ有名司会者を親に持つボンボンが女装した渚くんに一目惚れという、風刺を効かせた回を挟んでさらに上の階へ。そうかこの時期だったかー

殺し屋3人目、銃身をなめまわすほど銃が大好きな軍人上がりの“ガストロ”。周囲に音が漏れない8Fコンサートホールで対決。

殺せんせーとクラスメートのアシストもあり、前回殺せんせーのスナイプに失敗した千葉・速水の射撃コンビが、銃撃のプロ・ガストロ相手に不殺の精密射撃を見事成功。

千葉の「目が隠れてるのに射撃が上手い訳」が「髪の毛1本1本で視界を区切って照準器代わりに使ってる」って、早撃ち0.3秒の男か! 彼の場合は帽子でしたけど。

あとラストの速水の脇が綺麗だったけど、それはまたの講釈。

烏間先生の身体も力半分戻り、けっこう万全の体制でラスボスに挑める状態。

しかしこのウィルス騒動のボス。雇った殺し屋たちの動かし方から、殺し屋の人では無い。

正体は、以前E組に赴任してしこたま生徒をバチバチして烏間先生にブッ飛ばされた鷹岡明さんでした。

防衛省から盗んだ金で殺し屋を雇い生徒達をウィルスで脅す凶行…気でも違ったか鷹岡!
でも元からこれくらいやりそな感じの人だったよなあ。

計画ではカエデを対先生弾がたっぷりはいったバスタブに殺せんせーを抱きかかえさせたまま入れ、コンクリートで生き埋めにするつもりだったとか。

生徒思いの殺せんせーは爆裂して逃げることができない…

な、なるほど! あ、いや、あ、悪魔めぇっ!

治療薬の入ったケースに設置された爆弾の起爆装置を盾に、鷹岡は以前屈辱をなめさせられた渚くんをご指名。
ナイフ2本転がった屋上のヘリポートで渚くんと鷹岡のタイマン。

以前の渚くんの戦法は通じず、一瞬で鷹岡が勝つ勝負であることは、烏野先生の目から見ても明らからしい。

人質を取られているような状況で、鷹岡の要求に応えるしかない渚くん。

暗殺教室 8
暗殺教室 8
松井優征 (著)
Amazon 暗殺教室 8詳細ページへ

要求どおり土下座して、地面に頭つけて、頭を踏まれつつ謝罪した渚くんですが、もっと絶望した渚くんの顔をみたい鷹岡。

渚くんの目の前で、治療薬の入ったケースを爆破。

渚くんがナイフを拾い、豹変しているところで次回です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク