「DRAGON QUEST -ダイの大冒険-」全巻セット価格比較

「DRAGON QUEST -ダイの大冒険-」全巻セットまとめ買い価格比較

傘でアバンストラッシュは基本行事だったんだよなあ…

2014年に「最も長く続いている日本のRPG」としてギネス世界記録に認定されたJ-RPGの代表格のひとつ「ドラゴンクエスト」をベースにした作品で、「ドラゴンクエスト」の生みの親である堀井雄二が監修、原作:三条陸、作画:稲田浩司で1989年から1996年まで週刊少年ジャンプで連載。

1989年といったら、予約して買うのも至難の技だったファミコンの「ドラゴンクエストⅢ そして伝説へ…」が世に送り出された次の年。

その頃の週刊少年ジャンプだと、強襲!サイヤ人してて、幽波紋がシブイねェ…まったくおたくシブイぜしてたあたり。
伝説の発行部数600万部突破までいきおいが止まらない状態。

「ドラゴンクエスト」と「週刊少年ジャンプ」、両者が異様な盛り上がりを見せていたタイミングで連載という…

作者にかかるプレッシャーが過ごかったような感じがいたしますが、ゲームの「ドラゴンクエスト」の要素はパーツ的なものに留め、「ダイの大冒険」としての独自のエッセンスと、「週刊少年ジャンプ」らしさを精力的に積み重ねていく思いきった采配が功を奏し、直感的、視覚的に伝わりやすい必殺技の数々も相まって、RPGブームだった当時の少年心をガッチリキャッチ。

もう勇者するしかないなじゃないといった血をひいてる主人公・ダイ。

挫折や努力を繰り返し、平凡な家庭に生まれながら勇者と共に大魔王と戦う仲間として成長していくもう一人の主人公・ポップ。

あと敵側で魔王なんだけど、上に大魔王きちゃったし… 超強い竜のヒゲオヤジもいるし… 他の子たちもなんか反抗的だし… 自分は功を焦って失敗ばっかだし…と、肩身狭い魔王軍生活を送り、見る者の母性をくすぐりながらも武人として立派(?)に成長していくハドラーなどなど…

それぞれのキャラクターの心境の変化、成長模様が丁寧に描かれているのもまた、この作品の魅力となってます。

「ドラゴンクエスト」というビッグネームに名前負けしていない、まるで少年漫画の教科書のような、苦味なく飲める端麗な仕上り。
「DRAGON QUEST -ダイの大冒険-」全巻セットまとめ買い情報です。

DRAGON QUEST -ダイの大冒険-全巻セットまとめ買い価格比較一覧

ドラゴンクエスト-ダイの大冒険- コミック 全37巻完結セット (ジャンプ・コミックス) [マーケットプレイス コミックセット]

Amazon
5,940 円より
AmazonのDRAGON QUEST -ダイの大冒険- 全巻セットはこちら

備考:中古本は個人での出品も多く、本の冊数、状態が様々。

Amazon(Kindle版)
11,000円(一冊500円×22巻)
Kindle版のDRAGON QUEST -ダイの大冒険-1 はこちら

備考:記事投稿日調べの価格。まとめ買い機能は無く、一冊ずつの購入。
キャンペーンなどによって安く買えることも。

楽天市場
3,500 円より
楽天市場のDRAGON QUEST -ダイの大冒険- 全巻セットはこちら

備考:100円ごとに1ポイント~の還元あり。キャンペーンによっては10倍以上ポイントが付くことも

kobo
11,000円(一冊500円×22巻)
kobo版のDRAGON QUEST -ダイの大冒険-1はこちら

備考:記事投稿日調べの価格。まとめ買い機能は無く、一冊ずつの購入。
キャンペーンやクーポンで安く買えることも。

Yahoo!
6,290 円から
Yahoo!のDRAGON QUEST -ダイの大冒険-全巻セットはこちら

備考:100円ごとに1ポイント~の還元あり。キャンペーンによっては10倍以上ポイントが付くことも

漫画全巻ドットコム
15,577 円 (新刊 送料税込価格)
6,800 円 (中古 送料税込価格)
漫画全巻ドットコムのDRAGON QUEST -ダイの大冒険-全巻セットはこちら

備考:クリアカバー全巻分贈呈。全巻販売サイトとして超有名所。

全巻漫画.com
7,070 円 (中古 税込価格)
全巻漫画.comのDRAGON QUEST -ダイの大冒険-全巻セットはこちら

備考:1万円以上の買い物で送料無料。発送が早い。

ネットオフ
5,998 円 (中古 送料税込価格)
ネットオフのDRAGON QUEST -ダイの大冒険-全巻セットはこちら

備考:1,500円以上の買い物で送料無料。
T-pointを利用可能で、200円ごとに1ポイント還元。

この漫画からゲームの方に逆輸入したものもいくつかあるのですが、獣王クロコダインは逆輸入されないですね…

一番好きなキャラだったんですけど、後半は持ち前のパワーもタフネスも発揮することなく戦力外だったのが残念無念。ヒュンケルはHP:1でも相当頑張ったのに。

同じパワー系の城兵ブロックに、相当パワーの差がないと無理そうなタワーブリッジ喰らって悶絶してる姿は当時涙を誘いました。