センゴク天正記 8巻 宮下英樹 好かぬ

センゴク天正記 8巻 宮下英樹 好かぬ

信長は楽で攻め、謙信は義で攻める。
生きてるウチは楽を欲しがるけど、死ぬ直前は、ちょっとだけ、義が欲しかったり…

ならばいつ死んでもおかしくない時代に、義に生きてもなんらおかしくはない!

…けど、なんかその、バランスって大事よね。

センゴク天正記 8巻 センゴク天正記 8巻

第8巻収録話
第70話 「織田か上杉か」
第71話 「北進」
第72話 「秀吉の策」
第73話 「織田軍の選択」
第74話 「背水の陣」
第75話 「織田軍撤退」
第76話 「総大将 柴田勝家」
第77話 「生存の道」
第78話 「堀才介」
第79話 「電戟と軍神」

七尾城のあるところは今の地図にして石川県の真ん中あたり。

地図でみると石川県の南がちょうど上杉領になっており、七尾城は物凄く孤立したような、端に追い込まれているような配置。
実際民が追い込まれて悪臭と疫病が蔓延しとります。

さらにすぐ下、福井県あたりが織田領になっており、七尾城内では上杉につくか織田につくか意見が分かれている所。

若すぎる城主・春王丸が選択したのは楽しい街づくりに勤しんでる織田家! 今を楽しく!

武田信玄のときと同じくはじめは上杉と戦うことにゴネてた信長でしたが、このたび七尾城の人たちと織田軍で上杉軍を挟撃することに決定。

上杉の国境付近を守っていた柴田勝家は「上杉が攻めてきたらどーすんのさ!?」と日頃ストレス溜めていたので、GOサインがでたからには頑張る所存。
七尾城を救援するためには手取川を渡って進軍しなくてはならず、まるで武田が織田と戦ったときみたく、なんか流れで背水の陣っちゃったみたいになってることを危惧する羽柴秀吉をブン殴って気合も十分です。

羽柴秀吉が常に時代の最先端を追い求めるスタイルに対して、まろやかな言葉で言うと古き良きを知る柴田勝家。

一生懸命戦って 死ねばいいじゃない 武士だもの しばた

くらいの実直さが持ち味です。

明智や羽柴だと敵味方虜にする謙信にキュンキュンするかもしれない。
柴田殿の実直さのみが謙信のあなたに届けマイスイートハートを弾くことができるのです。実直さで!

みたいなこと堀久太郎に言われて、上杉領のすぐ近くに転勤してて不安が募っていた柴田がぐぬぬとするくらいの実直さです。

実際、羽柴や権兵衛が調略した人たちが謙信を見ただけでハートが盗まれるしまつ。男も濡れる謙信。危ない危ない。
柴田勝家くらいのゴリッとした御方を配属させたのは妙手だったような気もします。

手取川を越えて七尾城に近づいた織田軍でしたが、待っていたのは七尾城の織田派・長一族のさらし首。
すでに七尾城は七日も前に落城していたことが発覚。

城攻めの雰囲気をかもしだし、未だまだ真っ最中のフリをして、まんまと織田軍をおびき寄せることに成功した上杉軍。
さらに地元民からの情報で手取川が氾濫するタイミングも察していた謙信。

後ろは突如氾濫した川、前方には上杉軍と、見事な挟撃になってしまった織田軍は大混乱。最近良く挟まれる。
武田とバチバチやりあってる確かな実績のある上杉軍の急襲にびびった前方の方の織田軍が急速反転。

後ろにいた織田軍が逃げてきた自軍の兵に押されて川に落ちるというひっでぇ光景も見られる中、気骨で兵の臆病風を押し返す柴田勝家。
しかし、もう出鼻をくじかれて完全負け戦。

背水の陣上等できたのに肝心の七尾城がすでに陥とされてて後詰の意味を失い、拍子抜け撤退ムードだったため士気も最悪でしたし。

金棒で奮闘していた勝家も、弁慶の泣き所を棒で思いっきりべんけいっ!されてしまいとうとうダウン。

センゴク天正記 8
センゴク天正記 8
宮下英樹 (著)
Amazon センゴク天正記 8詳細ページへ

調略したけど即謙信にハートを持っていかれて義の虜となってた堀才介の武士の情けで、住民が洪水を防ぐための堤防を築いてることを知る権兵衛。

一度は立て直したものの謙信が自ら戦場に飛び込んできて再度味方陣営がしっちゃかめっちゃかに混乱してしまったので撤退開始。

かくして世に言う「鬼柴加州霞越え」決行。といったところで次回です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク