監獄学園(プリズンスクール) 16巻 平本アキラ どこにも行くなスブタ野郎

監獄学園(プリズンスクール) 16巻 平本アキラ どこにも行くなスブタ野郎

相変わらず内容をまったく把握させないことに惜しみなく画力を使う素敵なコミックのカバーで安心です。
作品内容がなんとなく感じられるのは最初の1巻のカバーイラストだけではないでしょうか?

何も知らない子が表紙買いしたらビックリするだろうなぁ

監獄学園(プリズンスクール) 16巻 監獄学園(プリズンスクール) 16巻

第16巻収録話
第149話 「監獄のいちばん長い日」
第150話 「静かなる男」
第151話 「デモリッションマン」
第152話 「きっと忘れない」
第153話 「野獣が見た夢」
第154話 「ソウルフル・キッチン」
第155話 「レ・ミゼラブル」
第156話 「誰がために」
第157話 「遠い空の向こうに」
第158話 「思い出の万理」

この巻では千代がまったく出番がありませんでした!
ま、まあ前の巻で頑張りましたし…

女性キャラの登場比率でいうなら今回はリサが6~7割と言ったところでしょうか?
あ、だからカバーイラストがリサなのか!
カバーイラストのような凛々しいシーンは1割に満たない感じでしたが。

ケイトが花に、キヨシと万理のウロボロス動画を見せたところからスタート。

キヨシはラッキースケベというか、結果的にラッキージゴロの域に達しているので花もタイヘンだなぁ

多数登場している女の子の中で、キヨシとの関係なら他と二馬身くらいつけてトップの花だったのに、万理にドラッグレース用の車で横からブチ抜かれたカタチです。心中やいかに。

それに比べて意中の人がアンドレという、ひとり勝ちというかそもそも対抗馬が存在しないリサの方は、極めて順調でした。アンドレの中の芽衣子に勝った?

脱獄には小道具をトイレに運ぶ必要があるらしく、監視が厳しいながらもリサが男性自身に免疫が無いことを利用して少しずつ運んでいくキヨシ。

この巻はいかにキヨシがトイレに道具を運んでいくかが6割。

キヨシだけでなく、脱獄幇助の疑いで監禁されている男子含めておもらし・放尿ネタが多数でございます。ひっでえ回だなぁ!

…でも思い返してみれば過去にもっと太くて力強いアレの話とかあったし、今回が別に特別下品というワケでもなかった。
夏から始まると告知されているアニメが楽しみだなぁ

ガクトたちとは別に、リサの部屋でベッドに縛り付けられて監禁されているアンドレ。
ガクトたちのは…これは軟禁でいいのか?

縛り付けられて5時間以上放置というご奉仕(?)で、リサを見る目が芽衣子を見るときのそれに変化しているアンドレ。

これを機にひとつ上の自分になったリサには、キヨシの男性自身を盾にした精神攻撃が効き辛くなり、作者が「最近お色気少なかったわー」と思い出して強引に捻じ込んだようなお色気シーンとともに、キヨシがパンツの中に隠していた脱獄アイテムをみつ子が発見。

ちなみにリサはキヨシのパンツの中の脱獄アイテムじゃない方を握ってしまい気絶。
黒塗りだったりモザイクだったりとせわしないキヨシの男性自身。

脱獄アイテムが発見され絶体絶命のハズなのに、何故かここに来て余裕の万理。
ケイトとふたりきりの部屋で

「だって私もう脱獄してるもの」

監獄学園(プリズンスクール) 16
監獄学園(プリズンスクール) 16
平本アキラ(著)
Amazon 監獄学園(プリズンスクール) 16詳細ページへ

おどろくケイト。
外で異変に気づくリサ。

とりあえず意味ありげに薄ら笑いを実行しろと万理に言われ、もう誰も周囲にいないのに意味ありげに笑みを浮かべ続けているキヨシ。

といったところで次回です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク