ドラゴンボール 12巻 鳥山明 ピッコロ大魔王の恐怖!

ドラゴンボール 12巻 鳥山明 ピッコロ大魔王の恐怖!

第22回天下一武道会決勝戦も大詰め。

この決勝戦が、この時点で地球人最強決定戦でしたなあ。あとから悟空は宇宙人になっちゃいましたけど。

この戦いが終わったらもはや地球に悟空の敵無しみたいな感じでしたが…大魔王がでてきました。というお話。

ドラゴンボール 12巻 ドラゴンボール 12巻

第12巻収録話
第133話 「両者最後の戦術!!」
第134話 「武道大会終了! そして…」
第135話 「クリリンの死 そして恐ろしき陰謀」
第136話 「ピッコロ大魔王の恐怖!」
第137話 「よみがえれ 孫悟空!」
第138話 「ボールを持った妙なやつ」
第139話 「ヤジロベーの獲物」
第140話 「タンバリンがやってっくる!」
第141話 「孫悟空 爆発!!」
第142話 「ピッコロ大魔王 降り立つ!!」
第143話 「孫悟空対ピッコロ大魔王」
第144話 「孫悟空 完敗!!」

天津飯が気功法で会場を消し飛ばし、上空に避けた悟空が逆かめはめ波で天津飯に頭突き。

「かめはめ波そのものがきかんのじゃ 大小に関係なく」という台詞があったのもこのあたり。
いま読むとすごすぎる技ですね忍術のような天津飯のアレ。かめはめ波以外も反射して欲しかったなぁ。

悟空と天津飯、両者身動き取れない落下中、先に車にぶち当たってしまった悟空がまたも準優勝どまり。

そして試合後で疲れている悟空に変わり荷物を取りにいったクリリンが…殺された!!

という展開が、この巻始まってわずか2話での出来事です。な、なんと濃密な…

気功法はデメリットでかいですけど、自力でひりだせる技としてはかめはめ波・どどん波を軽く凌駕する必殺技だったのに、この技でジャイアントキリングする機会はとうとう訪れませんでしたねー
かめはめ波のような粉々に粉砕する技じゃなく、対象をぞりっと選択範囲削除するキレ味は好きでした。

クリリンを殺した犯人はヤs…タンバリン。

その昔、世界を恐怖のどん底にたたきおとしたというピッコロ大魔王の手先。

天津飯との試合でパワーが落ちてるにも関わらず怒り心頭でタンバリンに追いつく悟空。
「オラがぶっ殺してやる!!」とあの悟空が珍しく物騒なこと言ってるシーンはここですよ奥さん。

タンバリンは回想シーンも挟めてない6コマ中にクリリンを亡き者にした剛の者。

ナムも殺され、続いて子供の頃なぜか大好きだったギランも… あれ? ギランちょっと頑張ってる?
亀仙人の下で数年修行してるクリリンを6コマの会話中に殺した相手なのに、やるじゃん。

「あばれもののギランがコテンパンにやられている…」というパンダ親子の会話からも、まるで勝負にはなってなかったことが分かりますが、それでもタフさだけならクリリン以上っぽいじゃないですか。やるじゃん。
悟空に白旗振ってからも地道に鍛えてたんだなぁとか妄想が捗ります。

最近の映画で亀仙人が久しぶりに頑張ってたんで、ギランやナム、チャパ王といった、悟空に当たってなかったらもうちょっといけたかも?みたいな人たちも活躍できたかも?

グルグルガムでフリーザのザコ兵たちが動けなくなる光景見たかったですねぇ

シンバルがヤジロベーに食われたあと、即ギランがタンバリンに殺されているので、なんか、今日はドラゴンっぽい奴の厄日だねぇ。みたいでした。

疲弊状態の悟空はタンバリンに返り討ちにあい、寝てちょっと回復したあとヤジロベーの飯を食べて完全回復。

魔族第二の刺客・シンバルをヤジロベーが倒し、シンバルを倒した相手を殺しにきたタンバリンを悟空が圧倒的大差で勝利。

シンバルに続きタンバリンが殺されたことをピッコロ大魔王から聞いた今回の大戦犯・ピラフ一味。
「世の中にはとんでもないやつがいるもんだな…ゴジラとかがいたりして」
ゴジラ相手はさすがにタンバリンとシンバルではキツいなぁ

怒ったピッコロ大魔王が直々に悟空の前に現れ、長い足でのシャープな蹴り上げから、擬音があとから追いつく「ひょおおーっ」パンチで実質試合終了ムード。

悟空がタフだったんでピッコロ大魔王から怪光線喰らって念入りに大敗北。でも生きてた。という、桃白白のどどん波の時は懐に入れてたドラゴンボールが守ってくれた…みたいな感じでしたが、この辺りから悟空単品の異常なタフさが際立ってきております。

ドラゴンボール 12
ドラゴンボール 12
鳥山明 (著)
Amazon ドラゴンボール 12詳細ページへ

ピッコロ大魔王を滅ぼすためドラゴンボールを5つまで揃えていた亀仙人・天津飯・餃子のところにピッコロ大魔王が迫る。

一度心臓が停止したにもかかわらずなんか復活した悟空は、ヤジロベーに頼んでカリン塔へ。

といったところで次回です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク