七つの大罪 20巻 鈴木 央 タッグトーナメント開催

七つの大罪 20巻 鈴木 央 タッグトーナメント開催

<十戒>が仕掛けたバイゼル大喧嘩祭り。

レギュラー陣他、新キャラクターたちが「いかなる望みも叶える」という優勝商品とかライヴ感とかで続々と集結します!

最初は<十戒>の罠みたいな感じでしたが、途中から<十戒>が主催ですけどまあそれはそれとして張り切っていきましょう!みたいにナチュラルに進行していく感じが実にファンタジー。
少年マンガだし、やりたかったんでしょうなあトーナメント。

七つの大罪 20巻 七つの大罪 20巻

第20巻収録話
第154話 「悪魔は微笑む」
第155話 「死の罠の迷宮」
第156話 「迷宮探索競技」
第157話 「乱れ舞い踊る挑戦者たち」
第158話 「狂宴の勇者たち」
第159話 「言葉はいらない」
第160話 「ゴー!! ブレイクスルー」
第161話 「伝承の者共」
第162話 「運命の共闘者は誰だ!?」

研究塔の「パーフェクトキューブ」に閉じ込められ、<蒼天の六連星>団長にして国王の実弟デンゼルと、デスピアスの二人がかりでボコボコにされてたフラウドリンですが、<十戒>「不殺」のグレイロードが外から扉を開けてくれたので難なく脱出。

グレイロードの変装にまんまと騙された<蒼天の六連星>たちはフラウドリンによって研究塔ごとコナゴナに?

なんかまだ引き出しがあるっぽいデンゼルは生きてる可能性大ですが、ストーリーに影響しないキャラはワリとさくさく死んでいくマンガなので、残りの<蒼天の六連星>は全滅してても不思議では無さそう。

大喧嘩祭り会場のあるバイゼルは巨人族のマトローナやディアンヌが見上げるほどの壁でできた巨大迷宮に囲まれていました。高さ約91.44mらしいです。

迷宮の壁は再生能力を持っているため粉砕しながら真っ直ぐ進むことはできず、壁を越えてフチから行こうとすると天井が現れて頭をしこたまぶつけます。

キングみたいに空飛べるキャラは…分かりません。キバヤシにだって…わからないことぐらい…ある…。マガジンだけに。

迷宮にはあらゆる仕掛けが施されており、早速幻覚トラップに引っ掛かったマトローナとディアンヌが離ればなれ。

代わりにエリザベスとホークがディアンヌと再会。ただしディアンヌは記憶喪失中なので、最初は人間であるエリザベスを警戒していました。すぐ仲良くなったけど。

膨れあがった参加者数をふるいにかけるため、迷宮には巨大肉食モンスター・サンドクローラーを放ってあったりして、力無い者から餌食に。

このサンドクローラーを倒せるかどうかが指標みたいになってます。

ギルサンダー・ハウザー・ディアンヌの三人がかりでこのサンドクローラー1匹倒すのに苦戦してたので、この人たちの優勝は現時点では絶望的ですぞぉ。
でも闘級はある日突然ウソみたいに跳ね上がったりするので、なにかに目覚めるとかしたら分かりませんぞぉ。その何かが何かは分かりません。

アーサーと一緒になってて行動していたメリオダスはバンと再会。
バンはエスカノールの手伝いでバイゼルに来たら巻き込まれたとかなんとか。

メリオダスといっしょで「面白そうだから」という理由でうっかり巨大迷路に挑戦してしまったのでしょうか。

エレインのためにメリオダスを殺そうとしたバンは、罪悪感でいっぱいでしたが「行こうぜ親友」ですべて済ますメリオダス。

バンが合流したことで、メリオダス&バンで壁の再生能力を上回る壁破壊に成功。

壁の向こうに居たエリザベスたちと合流しつつ、勢い余ってゴールを遮る壁も破壊。

こうしてメリオダス御一行は全員無事ゴール。

メリオダス達がゴールし、巨大迷宮による出場者のふるい落としは終了。

<十戒>グロキシニアの「霊槍バスキアス」によって、ゴールにたどり着けなかった者は全員身体を貫かれるか、槍の毒?によってあまさず死亡しました。

グロキシニアの正体は三千年前に魔神の王に討たれたらしい初代妖精王。

もう片方の<十戒>ドロールは巨人族の始祖っぽいし、色々不穏な空気が流れております。

国中を破壊して魂を喰らう<十戒>の目の前で、本来力を合わせて<十戒>を倒す者達同士が疲弊し合って良いものだろうか。

まあそれはそれとして。

グロキシニアが、マーリンからもらった眼鏡が壊れて騒いでいる貧弱バージョンのエスカノールの胴体を刺し貫き、瞬時に「生命の雫」で全快させたのを見せたことで一同がやる気に。

ゴールに着いた者は全員トーナメントの参加者とみなされ、子供のグリアモールやホークまでも巻き込まれています。

試合はタッグトーナメント形式。

ドロールによって強制的にペアが組まされました。

第一のペアはメリオダス&バン! えっ、ちょ…

七つの大罪 20巻
七つの大罪 20巻
鈴木 央(著)
Amazon 七つの大罪 20巻詳細ページへ

ペアはキリよく16組となりました。

16番目のペアのエリザベス&エレインに激しく動揺するメリオダスとバン。といったところで次回です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク