進撃の巨人 20巻 諫山 創 夢を諦めて死んでくれ

進撃の巨人 20巻 諫山 創 夢を諦めて死んでくれ

いつもは状況把握に何度も読み返しては大量のカロリーを消費していた私ですが、今回はボクでも状況が1回で分かる状況です!

今回は巨人側がよく飛び道具を使ってきます。つまり、毎度の事ながら圧倒的ピンチです。

進撃の巨人 20巻 進撃の巨人 20巻

第20巻収録話
第79話 「完全試合」
第80話 「名も無き兵士」
第81話 「約束」
第82話 「勇者」

「エレンの家ぇぇがああああ(イェーガー) アハハハハハハハ」

と軽くコニーが錯乱してはじまる20巻。

超大型巨人になったベルトルトは火のついた家をまき散らし、シガンシナ区を火の海に。

このままだと巨人のエレンは大丈夫かもしれませんが、ミカサたちが火あぶりになってしまいます。知将アルミンどうしましょ?

超大型巨人は壁を越えきれないので、壁まで下がって消耗戦をしようとアルミン。

超大型巨人が火のついた家屋を壁の外にポイポイしだしたら、壁の外のエルヴィン達が火と獣の巨人のサンドウィッチになるじゃんとジャン。

言われてみればそうジャン!アハハハハハハハ!ということで、しばしアルミンはジャンに指揮権を譲って頭のクールダウンをします。

ハンジ達の班の生死が絶望的なため、エレン達元第104期訓練兵団の仲良しチームで超大型巨人を倒さないと行けません。

さらに途中から鎧の巨人も再起動。さあ、どうする?

壁の外も結構な危機的状況。

猿の巨人は岩を砕いて全力投球攻撃を展開。
無慈悲な長距離からの巨大散弾がリヴァイたちに襲いかかります。

その攻撃力は大砲100門分はあるもよう。10倍だぞ10倍!

この状況、知将エルヴィンどうしましょ?

策は…ある。上手くいけばリヴァイが獣の巨人を仕留められる策が。

けど、思いっ切り犠牲が必要で、自分も死んじゃう策であり、地下室に何があるのか知りたくてたまらないエルヴィンは実行に躊躇。

どーしよっかなー俺もなーという、踏ん切りつかない状態です。

そんなエルヴィンに「夢を諦めて死んでくれ」とリヴァイ。

獣の巨人は自分が仕留めると力強く言われて踏ん切りがついたエルヴィンは、先頭に立って兵を引っ張り、信号弾を目眩ましにしながら獣の巨人に特攻。

即、獣の巨人の散弾がエルヴィンの脇腹をえぐってくるあたり、獣の巨人はやっぱり頭いいな!

あと「初球は様子見て 目指すは完全試合(パーフェクトゲーム)だ」とか獣の巨人は言ってましたが、「野球」のある世界からきた人?
これまで作中で野球描写あったかしら。

エルヴィンの作戦は、特攻と煙幕で獣の巨人の意識を正面に向かせ、その隙にリヴァイが円陣で包囲している巨人を奇襲しながら横から獣の巨人に接近するというもの。

作戦は多大すぎる犠牲のおかげで、かなり惜しいところまではいけました。いけたのですが…

特攻した兵は生存者1人という惨状でしたが、リヴァイは獣の巨人に接近し、延髄から本体のジークを引きずり出すことにさっくり成功。

前巻からライナーがものすごい粘りを見せているだけに、ライナーをボコボコにしてたジークがやけにあっさり負けてるのが意外といえば意外ですが、そこはリヴァイが「人類最強の兵士」と呼ばれる所以か。

しかし注射による巨人で「獣の巨人」の力を奪うこと、誰かを生き返らせることを考えてる隙に、岩運び役の巨人に襲われ、間一髪回避したもののジークを奪われてしまったリヴァイ。

しかもジークの命令により棒立ちだった巨人達が一斉にリヴァイに押し寄せてきて、周り平地で立体機動を打ち込むのが動いている巨人の身体のみというアルティメットな難易度に陥ってます。頑張れ人類最強。

壁の中は、壁に近寄らせたくないあまり真正面から超大型巨人に向かっていったエレンが壁の上まで蹴っ飛ばされぐったり。

頼みの綱のエレンがいきなりの粗相をしでかしてくれてぐったりジャン。

しかし超大型巨人の身体のボリュームの変化で、超大型巨人が消耗戦に弱いことを確信したアルミンに必勝の策ができました!

復活した鎧の巨人はミカサたちが担当。

超大型巨人はアルミンとエレンの二人だけで勝ってみせるという。

なんとそんな策が?

これにはミカサもジャンも尊敬のまなざし。

対超大型巨人の作戦内容は聞いてないけど、それでもアルミンなら、アルミンならやってくれそうです。

ミカサたちの鎧の巨人陽動作戦は、鎧の巨人がミカサたちに目もくれず一直線にエレンの方に走ってしまったので変更。

例に漏れず、知能派の巨人には陽動作戦がまったく通用しませんな!

予定変更でここで鎧の巨人を仕留めることにしたミカサたち。

雷槍は3本。

ジャンが囮になり、その隙にコニーとサシャが鎧の巨人の両側の顎を破壊。
ミカサが閉じなくなった口の中からうなじに向かって雷槍をぶっ放すというものでしたが、サシャが失敗。

それでも口の中に特攻しようとするミカサより先に、生き残っていたハンジが現れてサシャが狙い損ねた顎を破壊。

これにより大きく開かれた口に改めてミカサが乗り込んで雷槍をぶっ放し、うなじのライナーを取り出す事ができました。

超大型巨人の方はアルミンが超大型巨人の歯に立体機動を打ち込み、超大型巨人の熱風攻撃をひたすら耐えるという捨て身作戦でした。

粘りに粘ったアルミンが力尽きたのを確認した超大型巨人が熱風を止めた隙を狙って、巨人の身体を硬質化させて超大型巨人の目を欺き、こっそり巨人の身体から出ていた本体のエレンが超大型巨人の延髄からベルトルトを引きずり出す事に成功。

進撃の巨人 20巻
進撃の巨人 20巻
諫山 創(著)
Amazon 進撃の巨人 20巻詳細ページへ

絶望的に不利な状況から、ベルトルトとライナー二人を捉える事に成功した我らが元第104期訓練兵団。

しかし焼け焦げたアルミンの死体にエレンは呆然。といったところで次回です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク