ダンジョン飯 3巻 九井諒子 イカのあれを誤って食うと口内に刺さりとても痛い

ダンジョン飯 3巻 九井諒子 イカのあれを誤って食うと口内に刺さりとても痛い

イカは食べたことあるけど、「精莢」の存在は知らなかったなぁ…

刺さる上に動くとか恐すぎぃ

今回過激な描写が多めです。

ダンジョン飯 3巻 ダンジョン飯 3巻

第3巻収録話
第15話 「雑炊」
第16話 「蒲焼き」
第17話 「木苺」
第18話 「焼き肉」
第19話 「テンタクルス」
第20話 「シチュー」
第21話 「大ガエル」
おまけ 「モンスターよもやま話」

2巻で宝虫に麻痺られて全滅したパーティーが、再度全滅するお話からはじまる3巻です。

宝虫全滅パーティーはライオスたちに発見され道の端に並べられてましたが、その後死体回収屋が治療。もちろん有料。

ライオス達がもたもたしている間に宝虫全滅パーティーは追い越していたらしく、地下4階に辿りついて湖を渡っている時に魚類タイプの人魚(下半身と顔が魚)に、今度は念入りに殺されてます。

浮かんでいたからのちにライオス達が死体を引き上げることができましたが、沈んでしまったor水棲生物に喰われてたらどうなってたんだろ。

あとから地下4階の湖に辿りついたライオスたちもこのキモイ方の人魚の群れに襲われかけますが、人魚を食べる巨大クラーケンが現れ宝虫全滅パーティーのときより難易度上昇。
B級映画といわれる「ザ・グリード」を思い出します。「お次は何だ?」のアレ。

クラーケンの相手は初めてだけどイカやタコの捌き方は心得ていたセンシが、クラーケンの目と目の間に人魚の銛を突き刺して終了。もちろん食べ…ませんでしたね。珍しい。

一口囓ってみたライオス曰く「臭い!」らしい。
ダイオウイカもアンモニアが凄くて時間かけないと食えたものじゃないらしいしなあ。

あとおまけ漫画の「モンスターよもやま話」でクラーケンの精莢の中身がライオスの頭に刺さってました。

普通のイカとかでも調理中に指に刺さったり、誤って噛んだら口内で刺さったりするらしいので注意。
本体が死んでてもしばらく元気なんだって!

ファリンとマルシルの仲良しエピソードを挟んで、湖の苦戦は続きます。

マルシルが沸かしすぎたお湯を湖に捨てたところ、精霊ウンディーネが登場。

精霊ウンディーネっちゅーと、よくセクシーで半透明で裸がユニフォームなお姉さんを期待せざるを得ませんが、この漫画のウンディーネは宇宙空間にただよう水の塊のような外見。

さらに貫通レーザーを発射し、マルシルの左肩と左足と撃ち抜く凶暴性を持ってます。
沸騰したお湯ぶっかけられてキレたのかもしれませんけど。

ライオスはクラーケンの寄生虫を生で食して、クラーケンの寄生虫の寄生虫に胃をやられて寝込んだりしてましたが、今度は純粋なモンスターの攻撃にシリアスに狙撃されてピンチの御一行。

とりあえず水棲馬(ケルピー)の焼き肉をつつきながら考えていると、別のパーティーが合流。

その中の一人は、1巻でライオスパーティーを抜けたドワーフの女性・ナマリ。

ナマリの今の雇い主・ノームのタンス夫妻の夫の方がドヤ顔でウンディーネと話し合いを試みるも、貫通レーザーが飛んできてタンス夫が盾代わりにしたナマリが脳天を撃ち抜かれて死亡。のち、タンス夫の魔術で蘇生。今回過激な描写が多い。

マルシルの治療と引き替えにタンス夫妻の調査を手伝うことになったライオスパーティー。

調査中、ナマリのパーティーのひとりが触手生物テンタクルスに捕まり首つり状態になる中々過激なシーン。

ライオスが身体をはって救出したお礼に、タンス夫はマルシルの怪我を治療しますが、マルシルの魔力切れはどうしようもなく。

ナマリたちといっしょに帰還の術で地上に帰ることを勧めるライオスですが、マルシルは断固拒否。

魔力を豊富に含んでいるウンディーネを飲む!!と言いだし、ライオスとセンシがドン引きするという珍しい展開。

ウンディーネのレーザーは強力でしたが、センシの鍋が竜の牙も通さない金属・アダマントだったため、ナマリの協力もあってセンシの鍋と蓋にウンディーネを閉じ込める事に成功。

そのまま火にかけ、具をブチ込んでシチューに。

マルシルの魔力も回復し、冒険再開です。

ダンジョン飯 3巻
ダンジョン飯 3巻
九井諒子 (著)
Amazon ダンジョン飯 3巻詳細ページへ

地下5階への階段はあらゆる種類のテンタクルスでびっしり。

触れると腫れる厄介な植物でしたが、そこに生息していた大ガエルの皮で作ったカエルスーツで突破。

いよいよファリンを食べたレッドドラゴンのいる地下5階に足を踏み入れたところで次回です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク