週刊「今週のキン肉マン」 第184話 雑魚の誇り!!の巻 ゆでたまご

週刊「今週のキン肉マン」 第184話 雑魚の誇り!!の巻 ゆでたまご

ついさっきまでなにが慈悲だ!と言ってたのに、突如キン肉マンと真弓を完璧超人にスカウトするネメシス。

これにはキン肉マンも真弓もしばし言葉がでずにあんぐり。

キン肉マンは分かるけど、他の強豪超人差し置いて真弓をスカウトしちゃうあたり、やっぱキン肉王族のことが…

しかしこれ、キン肉マン許さない立場でやって来た武道さん的にはどうなんでしょ? その辺、コメントを一言!

 
CCP マスキュラー コレクション vol.EX キン肉マン2.0 ハイスペックVer. (原作カラー)

 
無かった。

今週小さく1コマだけ出番がありましたが、台詞が無かった武道さん。2週間台詞考える時間があったのに…

武道さんとしてはネメシスに「完璧の柱になれ!」みたいなこと言ってたし、主力が激減した完璧超人グループの再興をさっそく始めてるネメシスにまんざらでもないかも知れない。

 
ネメシスの誘いを断れば死。しかしキン肉マンの答えは「断る!」。

ネメシスを「人を信じる事を諦めただけ」と指摘し、タツノリ→真弓と続いた、一族と民を信じる大王の道を貫く姿勢をみせるキン肉マン。

ネメシスの過酷な生い立ちを考えれば、わりとベストなタイミングで信じる事を諦めたとも思いますが、そこを指摘してくるとはスグルも酷だのう。

しかしネメシスの方も、三日三晩タツノリ兄ちゃんを見続けたりできる環境にあったのですから、タツノリから真弓、そしてスグルの代で、キン肉王族もネメシスの居た頃と大きく変わっていったところを見て欲しかった。
大好きなタツノリ兄ちゃんが配下のクーデターでボコられたのがそーとー頭にきたでしょうなぁ。

そんなテンションのネメシスを押さえ込んでたミラージュマン。
門番と入団テスト、ゴールドマンのダイヤモンドパワーの修得、ガンマンの無断外出の禁止など、ただでさえ始祖一多忙そうな中、頑張りました!
そりゃあそんな忙しいと入団テストもいきなり必殺のカレイドスコープドリラーになるわけです。

 
つい慈悲ってしまったネメシスですが、思いっ切り断られたので死刑再開。

超人ボクシングスーパーヘビー級チャンピオンだったキン肉マンゼブラのパンチすら蹴り返す、技巧の神もビックリテクニックを持つキン肉マンが、ガードもできずに唯々一方的に殴られるネメシスおじちゃんのパンチのすごさ。

こんなパンチと正面からやりあったロビン無茶すぎ頑張りすぎぃ。

 
パンチにはちょいと自信があるテリーマンは「どんどん前進だーっ」とテキサスブロンコすぎるアドバイス。

そうか! 後退したらパンチを喰らい続けるだけかもしれんが、前進してパンチを喰らい続けることでキン肉マンの流血でネメシスのパンチがヌル~と滑っ…なんという冷静で的確な判断力なんだ!?

パンチが滑った隙を逃さずネメシスを後方に投げたキン肉マンは、ウォーズマンのアドバイス「ロビン戦法No.1 獲物は逃がすな」に従ってシャイニング・ウィザード!

ん? 「キン肉マン」が週刊少年ジャンプで連載終了したのが1987年で、シャイニング・ウィザードの初出が2001年らしいので…

武藤敬司! あなたを先んずるシャイニング・ウィザードだーッ!? ゲーッ!?

 
ラストはミートくんおススメ、地味だが決まった瞬間に描かれる曲線が美しいバックドロップだーっ!! やったぁぁぁーっ!

 
この一気呵成の反撃にグッとなるネメシスおじちゃん。

「こざかしい雑魚どもが寄り集まったところでーっ!」とついつい悪い人みたいな台詞を吐いてしまいます。

あまりにおじちゃんの発言が軽率だったので右手で制するキン肉マン。
このネメシスの、台詞割り込まれてキョトンとする顔芸ホント好き。

「雑魚より大魚の方が偉いと誰が決めた?」

とキン肉マン。

セコンドを置かない孤高な態度は尊敬に値するけど、人を信じることを諦めただけともいえる。

そしてロビンマスクとの戦いでその信じる心が再び芽生えてきたからこそ、先ほどうっかりキン肉マンたちを勧誘してしまったのだと。

 
ロビンマスクやラーメンマンの言葉が掘り起こされ多いに動揺するネメシスでしたが、ネメシスだって退くわけにはいかない。

 
圧倒的理性と力で完璧超人が紡ぎ出す完璧なる世創りのみ
それ以外ありえんのだーーーっ!

 
グ、グムーッ! た、たしかにそれができればそれが一番良い気がしないでもない!

なによりここでネメシスが「キミたちの言ったとおりだわー」とかなっちゃったら、控え室でしょんぼりして見せた可愛げのある武道さんがひとりになってしまう!

何万年もいっしょにいたのに部下達から「変わっちゃったよなぁあの人」扱いになってた武道さんが本当に孤独になってしまう! 頑張れネメシス、ここが踏ん張り所です。

 
ネメシス、渾身のダッシュアッパーからすかさずキン肉マンのアゴに引っかけるドロップキック。

ゲーッ! この体勢はネメシスドライバー!
アッパーひとつで必殺技の体勢に持って行けるこの凄さよ!

 
「スグルーッ! なんとかせい!」

と真弓があんまり役に立たないアドバイス。

しかし真弓の涙ながらの懇願は、かつて王位争奪戦でバッファローマンを命がけにした謎のパワーがあります。

 
キン肉マン 56巻
キン肉マン 56巻
ゆでたまご(著)
Amazon キン肉マン 56巻詳細ページへ

 
「そのお方も またお前が信じるべき同胞のひとり!
 大王になったのならサダハル様ごとお前が救ってやってくれーい!」

すごい無茶振りにテリーマンらセコンド陣は唖然としてますが、キン肉マンは父の無茶振りに答えることができるでしょうか?!

次週です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク