東京喰種:re 8巻 石田スイ 僕は「隻眼の王」だ

東京喰種:re 8巻 石田スイ 僕は「隻眼の王」だ

ああーん、カネキガールズが次々と!

よくこんなんで前の巻ヒナミちゃん生き残ったなぁ。

トーカちゃんか?ヒナミちゃんか?という大事なシーズンに、ヒナミちゃんが酷い事になりそうで実に怖いです。

 

東京喰種:re 8巻 東京喰種:re 8巻

第8巻収録話
第76話 「惰疎」
第77話 「死痴」
第78話 「100p」
第79話 「喰らい」
第80話 「歯を」
第81話 「琲」
第82話 「心臓を」
第83話 「門のとじる音をきいた」
第84話 「羽 与えられ」
第85話 「しろい箱」
第86話 「白虹」

 
毎度の事ながら殲滅戦はカメラがアッチコッチにワープするので、大賑わい感がとてもでていると同時に、話追いかけるのに気持ちの良い汗がでてきますな!

ひとつひとつ摘まんで見ていきましょう。

 
ちょっと獰猛、ちょっとミステリアスな姉さん女房っぽくもあり、半喰種なところがカネキくんと良い感じだったエト。

前の巻で正太郎くんのピンチに現れる鉄人28号のようなオイシイ出現の仕方をやってのけたエトは、あわやプレス機のシミに変わるところだったトーカちゃんたちを抜群のタイミングで救ったりしてましたが、旧多にまさかの余裕の敗北。

旧多にはカネキくんと同じくリゼの赫子が移植されていて、「隻眼の梟」エトも相手になりませんでした!
リゼ本人は鉄骨一本で容易く死にかけてたのに、パワーアップ材料としてはすごい優秀だわあ…

カネキくんは倒した喰種をよく食べてましたが、旧多はエトを食べませんでした。その点は良かった…のか?

旧多の野望は未だ分からず。

 
上司のハイセくんに淡い恋心抱いていた健気な部下キャラだった六月は、トルソーに逃げられないように四肢断裂されて囚われたのち、首も切断されて胴体だけのオブジェと化してたところをウリエに発見。

ウリエは心臓バクバク鼻水ダラダラ。これは酷い。

…かと思ったらなんか話が一転。バク転。大回転。

六月は過去に父親から受けた虐待が原因なのか、生まれ持ってのものなのか分かりませんが、重度の記憶障害と殺戮衝動を持ち合わせた子だったことが判明?

ウリエが発見した胴体はトルソーで、どうも殺戮衝動が発動した六月によってあられもない姿にされたもよう。

トルソーを殺したタイミングが、六月がトルソーに四肢を切断されたあとなのか、実はトルソーはそんなことしてなくて、六月と花畑にデートに誘った時に突然殺したのか…いまいち掴めず。

最初から四肢は斬られてなかったけど、自分の殺戮衝動を否定したい気持ちが記憶障害で改変したものなのか、この辺考えると頭に湯気でそう。

六月本人は殺戮衝動のことを自分に嘘つくことで都合良く忘却できるらしく、喰種に両親を殺された思い出は実は犯人が自分だったり、猫の?舌を切り取って瓶詰めして大切に保管してたりと、随分な過去がフラッシュバック。

近い時期だとオークション編で受けたケガを、捜査官を食べて回復していたもよう。もちろん忘れてました。

それらの黒歴史以上の真っ黒い記憶が、良い子状態の六月の頭に鮮明に表示され、トルソーの無残な死体がトドメとなり、とうとう六月の精神がぶっ壊れてしまいました。

 
ヒデの言葉でヒデパワーアップを果たした主人公のカネキくんは、有馬貴将を圧倒。友情ってすごい。

この時すでに有馬貴将は余命幾ばくも無いコンディション…というか見た目よりかなり老化しており、カネキくんはそれに救われたのかもしれません。

有馬はカネキくんに自分を殺す意志がない事を改めて確認したあと、カネキくんの友情パワーで壊されたクインケで自らの喉を斬り裂きます。

 
有馬や旧多、ハイルは「白日庭」で作られた半人間で、喰種と人間の間に生まれた子はなにも隻眼の半喰種ばかりではないらしく、見た目は普通の人間と変わらず、多少身体能力が高いが寿命が極端に短い人たちもいるらしい。有馬たちがソレ。

「多少」にやや疑問が残りますが、とにかくそういうわけで、老人にとってはありふれた病「緑内障」により、有馬の片目はすでに殆ど見えてなかったらしい。

見た目に反してもう寿命を迎えつつあった有馬。

「奪うばかりの人生がやっとなにかのこせた気がする」と言ってカネキくんの腕の中で死亡。

 
この時点で「隻眼の王」がカネキくんに大決定。

髪が黒かった頃の有馬が一度エトと戦い、エトをボコボコにした際に、「このクソったれの世界を滅茶苦茶に直してやりたい」とのエトの言葉に有馬が同調。

「有馬貴将を殺した喰種」が存在すれば、かならず“喰種”たちの希望となる。という願いのもと、エトと有馬であたためておいた玉座が「隻眼の王」でした。

 
駆けつけた平子班は全員カネキくんに従うことに。

平子の班はみんな「白日庭」の人間で構成されていたらしい。平子本人はぁ、普通の人間。らしい。

 
カネキくんは特等の二人に苦戦しているトーカちゃんたちに追いつき、ピンチを救います。

特等の二人は喰種サイドに荷担している0番隊にビックリ。

平子はこんなこともあろうかと懐にしっかり辞表を用意してました。エライ。

 
東京喰種:re 8巻
東京喰種:re 8巻
石田スイ (著)
Amazon 東京喰種:re 8巻詳細ページへ

 
有馬は死んで、ジューゾーは復讐に燃えるクロのリベンジを胸に喰らい、和修家が喰種で、和修吉時と丸手が戦闘後、吉時は死んで丸手が行方不明。

そしてコクリアに収監されてたドナート・ポルポラが脱走。

この巻だけで「CCG」と「アオギリの樹」が大幅弱体化し、逆に「カネキ組」と「ピエロ」が大幅戦力アップ。

すごい勢力図の変更が施されたところで次回です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク