週刊「今週のキン肉マン」 第186話 ロビンの思い!!の巻 ゆでたまご

週刊「今週のキン肉マン」 第186話 ロビンの思い!!の巻 ゆでたまご

ゲーッ!? 隠れてたのに出てきちゃった超人ーッ!?

やっぱりかなり見えちゃってるところにネプチューンマン立ってますね!

でも、それでも今週も武道さんは何も口を挟んでこなかったんで、別にいいのかな…
武道さんここずっとノーリアクションでちょっと寂しいな…

 
S.H.フィギュア―ツ キン肉マン ロビンマスク ORIGINAL COLOR EDITION 約150mm PVC&ABS製 塗装済み可動フィギュア

 
キン肉一族のあと、同僚の完璧超人ピークア・ブーとネプチューンマンにも言い寄られてもう笑ってあげるしかないネメシス!

 
「なんということだ… やはり完璧超人軍の風紀は乱れ切っている」とワハハハハ!

 
しかしこれはヤケになったワケではなく、より一層自分は完璧超人として頑張らなければという決意。

「自分はもうキン肉族のキン肉サダハルではない 完璧超人ネメシスなのだ」

完璧超人たちの期待を一身に背負い、サダハル叔父さん改め完璧超人ネメシスがキン肉マンとの闘いに新たな闘志を燃やします!

 
あと同じ無量大数軍の同僚だけど、ピークア・ブーはすっかりネメシスの下につく感じになってる…

ピークア・ブーも、あの連戦連勝のキン肉マンを1試合でボロボロにするほど、とんでもない急成長超人だったんですけどねえ。
技術は高いけど、人を指導して引っ張るのは向かないタイプの人ですね。

 
今週も武道さんは不気味なほどダンマリ。

1カットしかないし、グロローとも言ってくれません。グロロー分が足りない。
すっかりネメシスが完璧超人のリーダーになるしかない!って空気になっているし、ゴールドマンとやり合う前に勇退しちゃおっかなーとか考えてません?

 
キン肉マンとネメシスの試合が再スタート。

全ての戦闘ステータスが高水準なネメシスですが、火事場のキン肉ドライバーが効き過ぎて正面体当たりでキン肉マンに押し負けてしまうという状況。

ミキサー大帝から火事場のクソ力を分離されて以降、バスター並に「出したら返される技」っぽくなってたキン肉ドライバーも、火事場のクソ力が載っていればこの威力!

 
続けてピークア・ブーを仕留めた風林火山で速攻勝負をかけるキン肉マンでしたが、これは敗れたばっかりのピークア・ブーがネメシスのセコンドにいたので、ローリングクレイドルからの僅かな隙を狙われ不発。

ピークア・ブーの咄嗟のアドバイスに反応したネメシスもさすがですが、一発喰らってすぐ弱点を見抜いてしまったピークア・ブーもまたさすが完璧超人であり、さすが急成長超人。

 
「このオレがセコンド風情の言葉に救われるとは焼きが回ったものだな」と相変わらずカワイイ事言ってくださるネメシスは、今度はこちらの番とばかりに“<完肉>奥義”バトルシップ・シンクの体勢。これはいかーん! ロビンもこんな恐怖を感じながらこの技に決められていったのか…

 
ここでロビンマスクの幻影登場。

「キン肉マン」と言えばたまに霊が語りかけたり、たまにリングを支えたり肩をかしたり、マグネットパワーに絶叫しながらドロドロに除霊されてしまうのが魅力のひとつ。

新シリーズの今回もどこかで仕掛けてくるだろうと思っていましたが、ここできましたロビンマスク。

タイミング・角度・スピードともにパーフェクトなバトルシップ・シンクを仕掛けられ諦めかけてたところ、ロビンマスクに檄を飛ばされ、先ほどのネメシスのようにこちらも闘志を再燃するキン肉マンでした。

それはそうと食らえ! “<完肉>奥義”バトルシップ・シンクーーーッ! ガガァン

「息がある」

さすがネメシス。

自分の必殺技をタイミング・角度・スピードともにパーフェクトに決めながらも、易々と「やったか!?」しないあたり、冷静で的確な判断力です。

でも、キン肉マンがロープを掴んで衝撃を和らげていた事に対しては大層びっくりしてました。

こ、これは、えっと… ゲ、ゲーッ!? 火事場のロープ力!

 
キン肉マン 56巻
キン肉マン 56巻
ゆでたまご(著)
Amazon キン肉マン 56巻詳細ページへ

 
というか、「キン肉マン」愛読者ですけど「火事場のロープ力」って単語は初めて見た気がしますぞ!?

でもその脅威のショック吸収率はお目が高い読者諸君ならお分かりのとおり、あの始祖すら決まれば絶命100%だった悪魔将軍の地獄の断頭台すらも致死性を失う防御策です。

懐かしいものを見せてくれる。なあバッファローマンよ。

次週です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク