週刊「今週のケンガンアシュラ」第162話 サンドロビッチ・ヤバ子 だろめおん

週刊「今週のケンガンアシュラ」第162話 サンドロビッチ・ヤバ子 だろめおん

一般人では視認不可能な板東チョップ。
鞭のようなスピードもさることながら威力とリーチにも優れ、牽制的な技なのに必殺技レベルのの初見殺しな技です。
永島銀司が変なポーズだけの人では無かった事が窺い知れますね!

初見殺しなのになかなか初見を倒せないとはこれいかに。

 

ケンガンアシュラ 17巻 ケンガンアシュラ 17巻

 
ゲーム化するとステータスの数字で強引な調整でもしない限り、意外とこういうキャラがお手軽強キャラだったりするんですよねー

プレイステーションの「北斗の拳 世紀末救世主伝説」では、友達が使用したウイグル獄長の「泰山流双条鞭」に私のラオウがまったく近寄れなくて鞭でシバかれまくったのは良い思い出です。「無想陰殺」で返そうと思ったら足が届かない哀しみ。
北斗の拳 世紀末救世主伝説
北斗の拳 世紀末救世主伝説
Amazon 北斗の拳 世紀末救世主伝説詳細ページへ

 
しかし初見泉には板東チョップが当たらない。

初見はスピードキャラってワケでもなさそうなんですが、合気的な、初動で動きが読める的なアレでしょうか。

先週は完全に虚を突かれても脱力前転で回避してたし、板東さんが圧しているようでその実、「このまま」では板東さんの方が為す術無くなっているような… 「このまま」では、ね。

 
が、当たれば即死な板東チョップを勇気を出してかいくぐり間接を決めるも、板東さんの超軟体で逆に絞め殺されそうになった初見。

「顔のない男」千葉貴之を3発で仕留めた打撃も板東さんの大きな手一本で防がれており、初見側もまた攻め手が無い雰囲気です。

 
板東さんは当たらないなら当たるようになるまで初見を走りまわして疲れさせようという狩猟的作戦。

監獄に入れられたときの板東さんは腕が炎症していたので、てっきりそれが前フリになってて、板東チョップの連続使用で腕が動かなくなってからが初見タイム?と思ってましたが、板東さんは長い監獄暮らしで不思議なくらいマッチョな身体を手に入れたからか?板東チョップの連続使用に関しては問題ないようす。

ともすれば時間をかければかけるほど、疲れて動きが鈍くなる初見泉が不利か。
関節も効かない。打撃も防がれる。ナルホド「最悪の相手」です。

 
しかーしもう自分の勝利を確信している男・初見。持久戦には持ち込ませません。

もう見切ってる感がある板東チョップを再度かいくぐり、関節がダメなら直接折れば良いじゃないとばかりに板東さんの右腕の骨を関節技の応用で二箇所破壊。

 
板東さんもはじめ先生の頸椎くらいなら簡単にひん曲げるくらいのパワーはお持ちでしたが、遠距離スナイパーモード直後のインファイトは苦手だった?

板東さん、苦し紛れの左パンチも初見に簡単に防がれマウントポジションでぼこぼこに。
伸びきった腕を瞬時に元に戻したのまでは良かったんですけどねえ…

初見はこのマウントポジション中、髪型をポニーテールに戻すこの余裕!
…明らかなミスなんでこの部分コミックで修正されるか、ゆでたまご先生みたいにあえて残す方をとるか期待しましょう。

 
ラストは初見流合気道「百会投げ」で板東さんの巨体が軽ーく宙を舞い、地面に頭が刺さって勝負有り。

「相性最悪」の相手と戦った事で「絶好調まで持っていけたぜ」と初見はご満悦です。

 
板東チョップを見切って良い気持ちになっている初見に、「伸ばせるのは手だけじゃない」と、チョップよりもリーチと破壊力に優れた板東キックが飛んでくると踏んでましたが、ついぞお目見えする事無く終了。

奇跡のカムバック+もう残虐超人が残っていない事から、板東さんが上がってくるのではないかと予想+応援してたんですが、無念。せっかく戻ってきたのにエクスカリバーされるなんて…

「蹴り」でシメるのは若槻さんがやってたし、前の試合で主人公のライバルが敗退するという番狂わせもやっちゃった直後だったから、ここは主人公の雇用主の雇用主の会社が定石的な勝ちをした感じとなりました。

 
ケンガンアシュラ 17巻
ケンガンアシュラ 17巻
だろめおん (作画), サンドロビッチ・ヤバ子 (原作)
Amazon ケンガンアシュラ 17巻詳細ページへ

 
この週は瞬間ポニテという抱きしめたくなるようなミスはあったものの、やけにキャラの顔の描写に力が入っていた感じしました。

板東さんはナゼ突然凶行に走ったのか、監獄に入ってむしろマッチョになったのか、はじめ先生をチョップしなかった理由などなど、数々のナゾを残してまた死んでしまうん?

次週です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク