今週のキングダム&テラフォーマーズ ヤングジャンプ 49号

今週のキングダム&テラフォーマーズ ヤングジャンプ 49号

そういえば11月でしたね。と、思い出したように寒くなってきやがりまして私の体温も戸惑いがちです。速攻で風邪引きそう。

今週の「今週のキングダム&テラフォーマーズ」です。
 

今週のキングダム 第495話 「相応の覚悟」

肆氏! 肆氏がもういないじゃないか!

連載500回まであと少しとなりました。

呂不韋の元で最も暗躍していた男・李斯の現場復帰に、会場は帰れコールに溢れんばかりでしたが、嬴政王が一喝。

中華統一という前人未踏の大業を前に、そんなことで時間を潰されてる場合かってことです。良い仕事は時間の使い方から。

李斯の“法”の知識はこれから必要不可欠になってくるということですが、李斯がいなかったら…キミかな?くらいの位置にはいたっぽい肆氏もちょっとお顔を見せて欲しかった。次の出番はいつかなぁ。

 
デキる男の切り替えの速さをさっそく見せる李斯。

昌平君がなにやら重い問題を抱えていると、自分のことはそこそこに空気を切り替えていきます。中華統一はスピードが命。さすがです。

 
人払いをして嬴政と二人きりになる昌平君。

李牧が本気だしてきて、趙攻略に“最短で”十年かかるとの計算が。

国の体力的に短期決戦が望ましい秦側の思惑を見事見抜いた李牧の持久作戦。

というか、ただでさえ最悪な関係なのにあれだけ啖呵切られたら是が非でも本気だしますよそりゃあ。

十五年で六国を滅ぼす予定の嬴政としては隣近所潰すのに3分の2の時間を潰すのは痛すぎです。隣り近所がラスボスの城みたいなRPGならまだしも。

 
ということで西の防衛がガッチガチになっている趙を、西から攻めるフリして南から攻める下策中の下策をあえて行う事で、李牧の虚を突くっきゃKNIGHT。という昌平君の提案。

これで3年で趙を落とせるらしい。失敗したら秦が滅びるエクスタスィー。

 
キングダム 44巻
キングダム 44巻
原 泰久 (著)
Amazon キングダム 44巻詳細ページへ

 
六国制圧に持久戦はできない秦が、虚を突くべくあえて下策にでる。

というのは、李牧からしたら「当然その手しかないことは気付いてました」くらい言ってのけそうな気がしないでもないですけど、はたして昌平君の狙いは李牧の上をいくことができるでしょうか?

次週です。

週刊「今週のテラフォーマーズ -TERA FORMARS-」
第28話 「DOOM’S DAY 集結の前夜」

英語苦手で綴り間違ってないかいつも気になってるので、毎回このくらい話のタイトルが短いと助かるなあ!

 
カルフォルニア郊外にあるミッシェルの実家からスタート。

火星でひとり娘が世話になったのでお礼がしたいというミッシェルのおかんの電話により、膝丸達がご招待されています。

ひとときのアットホームな雰囲気で戦士たちはひとときの休息を味わいますが、そんな雰囲気に水をさすテラフォの大群の日本上陸速報。

瞬間的に友達の部屋を物色しまくる学生の顔から、死地に向かう戦士の顔になる膝丸達。

火星で父親が死んだ事をずっと後悔していた母親を抱きしめ、必ず生きて帰ってくる約束をするミッシェル。

ミッシェルママに礼をして死地へと足をむける勇者たちの図。

 
…が、入り口で米軍に阻止。
がーんだな… 出鼻をくじかれた。見開きまで使ったのに。

蛭間も言ってましたが、膝丸とミッシェルを今の日本から離す事が重要。

それに今回のテラフォの大侵攻があまりにも規模がでかすぎて、いくら火星の激戦をくぐり抜けた(一部火星にいってない人も有り)珠玉の戦士たちでも、行ってどーなるの?という状況なのでした。

膝丸とミッシェル含む全員が米軍に“保護”されることになりました。

 
テラフォーマーズ 18巻
テラフォーマーズ 18巻
橘 賢一(著),貴家 悠(原著)
Amazon テラフォーマーズ 18巻詳細ページへ

 
ということで、国がひとつの“地球人”としてテラフォの大軍に立ち向かう事に。

スニーカーの国ふたつと、アメリカで約束された停戦… 先週に引き続きまったく上手くいかない感じがすごい。

そして沈黙を続けるロシアは、この状況をどう見ているのか?

アメリカが仕損じ、ロシアがフォローする形でテラフォのロケットを撃ち落としたときみたく、スミレス大統領の可愛らしいガッツポーズまた見たい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク