セット本一覧

NO IMAGE

「キングダム」全巻セット価格比較

キングダム全巻セット価格比較 一時期ゲームや漫画、アニメで「三国志」ブームたるものがありましたが、その三国志の時代よりも昔、中国春秋時代を舞台にした漫画がこの「キングダム」です。 戦争で孤児となっていた主人公・信(シン)と漂(ヒョウ)が、天下の大将軍を目指し、二人で幼い頃からずっと剣の腕を磨いていたところを、秦国の大臣・昌文君(ショウブンクン)の目に留まり、漂だけ仕官されることになったのですが、ふたりの間に妬みや後ろめたさといったものはなく、お互い強くなってふたたび会うことを誓う。 しかしある日重症を負った漂が信の前に現れ…

NO IMAGE

「キン肉マン」全巻セット価格比較

「キン肉マン」全巻セット価格比較 ジャンプで常に人気上位をキープし、キン消しやファミコンのブロッケン最強伝説など、全国の子供のハートの炎を燃やし続けた奇跡の逆転ファイター作品「キン肉マン」。 破天荒な展開ながら、理屈と屁のつっぱりをベンキ流ししてしまうパワーがこの作品にはあります。

NO IMAGE

「テラフォーマーズ」全巻セット価格比較

TERA FORMARS全巻セット価格比較 2013年の 「このマンガがすごい」で男性部門1位 「全国書店因果選んだおすすめコミック」で2位 というまさに今大人気の漫画「TERA FORMARS(テラフォーマーズ)」 端的に内容をお話しますと、火星を人間が住める環境にするため試験的に放った、ご家庭でおなじみになりたくないでおなじみのゴキブリ達が、なんの拍子か屈強のゴリマッチョ・テラフォーマーに超進化してしまい、そんなこと知らない火星調査隊がまずさくっと全滅。

NO IMAGE

「信長のシェフ」全巻セット価格比較

信長のシェフ全巻セット価格比較 記憶喪失で自分がどこの誰なのかは分からないけど、一流のシェフとしての腕と食材の豊富な知識はがっちり覚えており、原因不明のタイムスリップ先の戦国時代において、早々に将軍・織田信長に強制的に専属料理人にされ、数々の無理難題を押し付けられますが、現代の料理でもって悉く解決していく主人公・ケンの痛快ファンタジーエッセンスもふんわり薫る歴史漫画です。 テレビ朝日系列で実写ドラマ化され、深夜枠ながら高い視聴率を得た「信長のシェフ」。

NO IMAGE

「ケンガンアシュラ」全巻セット価格比較

ケンガンアシュラ全巻セット価格比較 Web漫画掲載サイト「裏サンデー」で連載中の、原作サンドロビッチ・ヤバ子先生、作画だろめおん先生による格闘漫画。 「自称最強」な輩の鼻をぐっちゃりへし折ったり、鼻以外もぐっちゃりヘシ折ったりしながら悉く叩きのめし、自らこそが最強であることを証明するために戦う男・十鬼蛇 王馬(トキタ オウマ)が、 対立した企業同士が、血で血を洗う抗争のドロ沼化を避ける為に、お互いに用意した闘技者を戦わせ勝った方が権利を得るという江戸時代中期から続く決闘方法「拳願仕合」(ケンガンジアイ)に身を投じ

NO IMAGE

「ワンパンマン」全巻セット価格比較

「ワンパンマン」全巻セット価格比較 ウェブ上で連載されていた超人気作品を、実力派ジャンプ漫画家ががっちり手を組んだ話題の作品「ワンパンマン」。 次々に現れる人類の平和を脅かす怪人たちから人々を守るヒーロー。 そんなヒーローになる為、主人公・サイタマが夏の暑い日にも負けない必死のトレーニングで、頭髪という尊い犠牲を乗り越えて手に入れたチカラは、どんな相手だろうとワンパンで片付けるほどになっていました。

NO IMAGE

「黒子のバスケ」全巻セット価格比較

黒子のバスケ全巻セット価格比較 私の世代的にもですね、バスケマンガといったら井上雄彦先生の「SLAM DUNK」(スラムダンク)の名前がまず真っ先にポンと出ちゃうんですよ。 同世代の方なら分っていただけると思うんですけど、これはもう世界が終わるまでは離れることも無いしょーがないことなんですよ。うん。

NO IMAGE

「スラムダンク」全巻セット価格比較

スラムダンク全巻セット価格比較 「バガボンド」「リアル」を連載中、井上雄彦先生の代表作。 赤い髪が目印。湘北高校の不良少年・桜木花道が一目惚れからはじまるバスケット漫画。 90年代の少年漫画の代表格のひとつと言って良い作品で、名シーン名セリフは数知れず。 当時の読者に名シーン名セリフをたずねてみれば、それぞれ違った答えが返ってくるのではないでしょうか。

NO IMAGE

「エルフェンリート」全巻セット価格比較

エルフェンリート全巻セット価格比較「ナナ!」「はい!」 「エルフェンリート」は、現在ヤングジャンプで連載中でアニメ化も予定されている「極黒のブリュンヒルデ」の作者・岡本倫先生が、2002年から2005年にかけて同誌で連載していた作品で、アニメの方は海外でなぜかすごいウケた、というか数々の賞までもらっていたりしてました。 なにも知らないで表紙買いとかして読み始めると、「序盤はこの子中心に話が進んでいくのかな?」と感じ取れる、なにもない所でこけるテンプレのようなドジッ子の頭がいきなりブチッたりと、コミックの表紙から見受けられるほのぼのした雰囲気を、作者自ら早々にブチ壊してきます。

NO IMAGE

「寄生獣」全巻セット価格比較

寄生獣全巻セット価格比較 マンガの名作選では必ずといっていいほど名があがる岩明均先生によるSFマンガ「寄生獣」。 あとからコミックを読んだ人間なので、よく知らなかったんですが初出は古く1988年。 しかも月刊アフタヌーンだとずっと思っていたら、講談社モーニングオープン増刊から開始したそうで。 途中から月刊アフタヌーンに移っております。

スポンサーリンク