ヤングキングアワーズ一覧

ヘルシング(HELLSING) 5巻 平野耕太 第一目標はロンドン全域

ヘルシング 5巻 平野耕太 第一目標はロンドン全域 苦も無く大英帝国の空母をミレニアムの大西洋艦隊旗艦「アドラー」にしてしまったリップヴァーン。 彼女の能力は、火縄式で命中精度に難があるといわれる「マスケット」の弾道をホーミングさせることで、弾一発で獲物を沢山仕留める「魔弾の射手」だ!

ヘルシング(HELLSING) 4巻 平野耕太 少佐の演説

ヘルシング 4巻 平野耕太 少佐の演説 「D」… 「D」ってなんだろう? 「AGE OF EMPIRE」や「ULTIMA ON LINE」とか並んでいるから、インターネットで世界中がお友達のゲームタイトルのひとつだと思うんですけどわかんないなぁ。 「Dの食卓」とか「頭文字D」とか「ヘビィ・D! 」なら分かるんですがーあー

ヘルシング(HELLSING) 3巻 平野耕太 サーチアンドデストロイオーバー

ヘルシング 3巻 平野耕太 サーチアンドデストロイオーバー 平野耕太先生生まれて初めての3巻ってことになるんでしょうか! 第13課の長・エンリコからの情報で、最近の吸血鬼事件の黒幕が「ミレニアム」、「ミレニアム」はナチスの残党ということはで突き止めた我らがヘルシング。 相手が量産型吸血鬼を使ってくる以上出し惜しみはしないようで、アーカードとセラス、あと数名の傭兵で、彼奴らが潜んでいるという南米に発進します。

ヘルシング(HELLSING) 2巻 平野耕太 ミレニアム

HELLSING 2巻 平野耕太 ミレニアム 後書きによれば平野耕太先生生まれて初めての2巻らしいですよ! 知らなかったそんなの… 「殺し屋」「銃剣(バヨネット)」「首切判事」「天使の塵(エンゼルダスト)」と、無闇にアダ名が多いヴァチカン第13課の切り札・アンデルセン神父と、1巻にして早くも切り札対決してしまった我らがヘルシングの切り札・アーカードですが、再会の日は意外と早かった。

ドリフターズ 5巻 平野耕太 連合艦隊は滅んでいない

ドリフターズ 5巻 平野耕太 連合艦隊は滅んでいない 歴史に疎いもんで、ちょくちょく「あコレ、知ってる人ならニヤリとする場面なんだろうな」と感じてはいるものの、詳細が分からなくて毎回ぐぬぬとなっております。 なもんで、ちょっと知ってる人がでてくるとホッとします。自分の部屋のような安心感。

NO IMAGE

「ドリフターズ」全巻セット価格比較

「ドリフターズ」全巻セット価格比較 「ドリフターズ」は、少年画報社出版「ヤングキングアワーズ」連載中の作品で、作者は平野耕太先生。 同雑誌で連載された「HELLSING」でも有名な先生ですね。 「ドリフターズ」は歴史で語られている有名人物が、史実で命を落とそうとする間近に異世界に引き入られ、その世界で蛮勇を発揮するお話。

ドリフターズ 3巻 平野耕太 ナックルヘッズ

ドリフターズ 3巻 平野耕太 ナックルヘッズ 豊久たち的には初のドリフvsエンズ戦。 剣術は秀でているけど、魔法はひどかぁ。 ということで、オッパインテールの石壁を生み出すチカラを利用して、ジャンヌを井戸に叩き落し、女の首に価値無しと頭をブン殴って終了の豊久さん。 一対一ならやばかったかなぁ

ドリフターズ 2巻 平野耕太 ストリートファイター

ドリフターズ 2巻 平野耕太 ストリートファイター 時代を問わず集められた歴史上の人物たちが、「漂流物(ドリフ)」と「廃棄物(エンズ)」の二派に分かれて、激しいタマの取り合いで異世界の人大迷惑。 となるほど、単純ではなく、異世界はドリフ・エンズが来る前から色々立て込んでいた模様。 その辺りの説明が描かれており、なんとなく私でも頭に図が浮かんできましたのよ。

スポンサーリンク